親子やパートナーとの関わりで、笑顔あふれる家族を! ~三つ子の魂百まで~



平野真理子

ママが子育てを楽しむため為に必要な心の余裕を作り出す
ベビー手話教室・お腹の赤ちゃんとのたいわ・ヒーリング・
カウンセリング・コーチング・セミナー等のコンテンツをご提供しています。
ベビー手話教室はサインのやり取りだけにとどまりません。
乳幼児期の人格形成に重要な影響を及ぼす親子の関わり方についての知識をお伝えし、
それに基づいた関わり方を実践して頂くものです。
 
今週お届けするコラムでは、親子間や夫婦間の関わりを見直して
笑顔あふれる家族を目指す、自己肯定感を育てる親子の関わり方、
そして、「自分で考え、決断し、行動できる子供」に育てる
乳幼児期の関わり方をお伝えします。
 
…………………………………………………………………

赤ちゃんの学びのプロセス

『三つ子の魂百まで』という言葉はすごい言葉だなと思います。
3歳までにどんな環境に育ったかが、個人の人格や成長、個性や能力の発達に大きな影響を与えるという意味ですが、3歳までの経験が思考と行動パターンを形作っていき、それを元に人格形成がなされます。現代では、大人になってからも乳幼児期に獲得した思考と行動のパターンを使い続けているために、現在の環境とマッチせず、ストレスに苦しむ方もかなり増えているようです。
 
ではなぜ、3歳までの経験がそれほどまでに重要となってくるのでしょうか?
赤ちゃんの時は自分のしたいことをしたいようにやりますが、それによって痛みや不快感を経験します。こういった経験を繰り返すことで、学習し、「○○な時は○○する」というような対処方法をパターン化していきます。このパターン化は年齢が大きくなるごとに広範囲に広がって、それが信念に繋がっていくわけですよね。このパターン化は脳細胞同士のネットワークという形で、脳内にプログラミングされていくのです。
 
赤ちゃんは真っ白な状態から、色々な信念に基づいた思考と行動のパターンを獲得し、それを反復強化していくことで、生きていくうえで起こる様々な出来事に1人で対処できるようになっていきます。それはその段階においては最善の方法として認識されていますが、自立した大人となった際には必ずしも良い方法とは言えない場合もあります。これが『固定観念』として3歳までの環境要因によって作られていくのです。
 

 

ポジティブな信念に基づく思考とは?

この『固定観念』は後から修正することも可能なのですが、年齢が高くなればなるほど修正が困難になっていきます。脳の中でパターン化が強固なものとなっているために、強力な古いパターンを断ち切り、新たなパターンを作り出し、そのつながりを以前と同程度に育てていくという作業が必要になるからです。
 
ポジティブな信念に基づいた思考と行動パターンを持っていた方が生きやすいのですが、環境要因によって、どうやらネガティブな信念に基づいたパターンを獲得する傾向にあるようです。それは周りから得られるものに、指示・指導が多く、受容・共感が少ないという現状から導かれています。「ダメ」という言葉だけではなく、なぜお子さんが「ダメ」という言葉が出るような行動に至ったのかに想いを馳せることが大事なのではないでしょうか。
 
ポジティブな信念に基づいた思考と行動パターンを確立し、1人の自立した人間として生きていくためには、周囲からの愛情に囲まれ、安心できる環境の中で育てられることが重要であり、それによって、自己肯定感と人間への基本的信頼を確立することがとても大切なポイントなんですね。
 
<プロフィール>
2006年よりママの心に寄り添うセラピストとして活動
2007年に藤沢市鵠沼海岸に
ハワイアンスピリチュアルロミロミサロン OiaioLima オープン
2011年より飛騨高山に移転し、
ハワイアンスピリチュアルロミロミサロンとベビー手話教室を主宰。
 
…………………………………………………………………
明日のコラムでは、「御主人とのパートナーシップ」についてお話いたします。
 
親子が笑顔になれる場所 オイアイオ・リマ
HP URL http://www.oiaio-lima.com
blog URL http://www.ameblo.jp/coco-lomi/
Facebook ページ http://www.facebook.com/Oiaiolima
 
…………………………………………………………………
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
 
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-5-24

    横山優美子さん ママそら「今日の輝くママ」NO.905

    「仕事でも趣味でも、自分が楽しいと感じることをする!」 今日の輝くママは横山優美子さん…
  2. 2018-5-24

    出産に立ち会い、育児休暇を取得したパパのリアルな声 ママそら高知スマイルラジオ#008

    (▲画像クリックで音声聞けます) 今回は、前回の5/16の放送に引き続き、高知県児童家庭課…
  3. 2018-5-23

    稲葉恵さん ママそら「今日の輝くママ」No.904

    「食で『楽しい』や『美味しい』という経験を子どもたちに伝えたい!」 今日の輝くママは、食で…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る