もうすぐひな祭り。季節行事をどう楽しむか悩むママへ【子どもの心を育む遊びのヒント】


1f19dd10d0669fad1f5388535fc40f58_s

にっぽんの歳時記を学べるおすすめの一冊

子どもが生まれると、それまで以上に季節の行事や旬の食材などを意識するようになりますよね。ママになって改めて年中行事の意味を学んだりした人も少なくないのでは。我が家にも、和の行事を楽しむ本がたくさんあり、イベントのたびにその内容を学び子どもに伝えています。

そんな中、年中行事をわかりやすく解説し、さらに行事食のレシピが掲載されていたり、工作や遊びのアイディアが紹介されていたりする素敵な本を発見しました!

12742459_967578916655137_3520447281731504056_n

『子どもと楽しむにっぽんの歳時記 食と手作り12か月』は、日本古来の行事の由来や祝い方をお子様にきちんと伝えていきたいと思うママにぜひ読んでほしい一冊です。

もうすぐ3月3日。桃の節句、ひな祭りですが、こちらの本の中では「『うちは男の子しかいないから、ひな人形はない』というおうちは、手作り人形で祝ってみませんか?」と、“紙のおひなさまの作り方”が紹介されています。また、ひな祭りのお料理と言えば、ちらしずしやはまぐりのお吸い物ですが、見た目も美しい、彩り豊かなちらしずしの作り方も載っています。

12741898_967578903321805_8901750225227482602_n

昔ながらの歳時記を学びながら生活に取り入れるヒントを探したいママにおすすめの一冊ですよ♪

『子どもと楽しむにっぽんの歳時記 食と手作り12か月』

http://goo.gl/PYTrIR

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-5-24

    横山優美子さん ママそら「今日の輝くママ」NO.905

    「仕事でも趣味でも、自分が楽しいと感じることをする!」 今日の輝くママは横山優美子さん…
  2. 2018-5-24

    出産に立ち会い、育児休暇を取得したパパのリアルな声 ママそら高知スマイルラジオ#008

    (▲画像クリックで音声聞けます) 今回は、前回の5/16の放送に引き続き、高知県児童家庭課…
  3. 2018-5-23

    稲葉恵さん ママそら「今日の輝くママ」No.904

    「食で『楽しい』や『美味しい』という経験を子どもたちに伝えたい!」 今日の輝くママは、食で…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る