子どもと節分をどう楽しむ?【子どもと心を育む遊びのヒント】


d6e3c1ac55b60dc274509b94d7686ff9_s

手作りお面と枡で楽しく豆まきしよう!

もうすぐ2月3日。節分ですね。
節分は、「季節の分かれめ」の意味で、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言うため年に4回あります。今は立春の前日のみを節分と呼ぶようになったのですが、これは旧暦では立春で冬が終わり、春になり一年が始まると考えられており、立春の前日の節分は大みそかと同じように大事な日と捉えられたからだそうです。

節分と言えば、豆まき、恵方巻。
豆まきをして邪気を追い払い、その年の恵方(南南東)を向いて恵方巻を食べて福を呼び込むという風習は皆さんも馴染み深いでしょう。
では、節分のもうひとつ習わし「焼い嗅がし(やいかがし)はどうでしょう? ちょっとお話ししましょう。

12660284_955919907821038_1871614573_n

鬼は鰯の臭いと柊のトゲが大の苦手。そこで、柊の枝にあぶった鰯の頭をさした「焼い嗅がし」を玄関先などにつるしておくと鬼がやってこないというもの。豆殻をプラスすることもありますが、これは豆殻のカラカラと鳴る音も鬼が嫌うから。
邪気を寄せ付けない魔除け効果もある「焼い嗅がし」もぜひ用意してみてくださいね。

さて、節分の豆まきはお子様が一番楽しみにしていることかもしれません。
大豆を炒った福豆を、「鬼は外!」と言いながら外にまき、「福は内!」と言いながら家の中にまく豆まき。ご家庭では、お父さんやお母さんが鬼役になるケースが多いかもしれませんが、あくまでも鬼を(お父さん・お母さんではなく)退治することを確認しましょうね^^

豆まきを盛り上げてくれる鬼のお面もスーパーなどで簡単に手に入りますが、お子様の自由な発想で作るのもおすすめです。

お子様がイメージする“鬼”とは?

用意するものは、厚紙、折り紙、クレヨン、毛糸。まずは厚紙を顔のサイズに切り、角、口、牙なども切って作ります。顔の部分は目の位置を確認して穴を開け、左右にも小さな切込みを入れて耳にかける輪ゴムを通します。

顔は好きな色を塗りましょう。赤鬼? 青鬼? それとも…… どんな色の鬼でもOK。

角や口、牙にも色を塗ってカラフルに。または、好きな色の折り紙の貼り絵もおすすめです。

角などのパーツをのりで貼り付けます。どこにどんな風に貼るかで印象が変わりますよ。

髪の毛は毛糸を貼って雰囲気を出します。何色の毛糸にしますか? モジャモジャ? 多め? 少なめ?

世界にたったひとつの鬼のお面が完成!

怖い表情の鬼、可愛らしい鬼、ユーモラスな鬼。みなさんのお子様が描くのはどんな鬼ですか? お面ができたらお子様に、どうしてその鬼を作ったのか、ぜひ聞いてみてくださいね。とっても面白い答えが返ってきますよ。

簡単! 便利! 枡の作り方

お豆を入れる枡(一番簡単でシンプルなタイプ・写真奥)も簡単にできるので、お子様と一緒に作ってみるのもおすすめ。作り方をご紹介しておきますので参考になさってください。


手作りお面と枡があれば、お子様も楽しめますよ!

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-5-22

    ワタム千絵里さん ママそら「今日の輝くママ」No.903

    「ママである以前に、一個人としてハッピーであること」 今日の輝くママはカナダバンクーバーに…
  2. タイトルなしのコラージュ (2)

    2018-5-19

    小島真子さん 主婦からメディア多数出演の大人気インテリアコーディネーターへ〜ママそらラジオ〜

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…
  3. ママそらライター

    2018-5-19

    大手メディアでの執筆のチャンスもあり!人の心を動かすライター・コラムニストを大募集

    ライター・コラムニストを大募集! ママそらではこれまで、各方面で活躍されている方に、自分が…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る