モノを減らし美空間なお部屋作りを目指す 高知 イベントレポート


モノを減らし美空間なお部屋作りを目指す


こんにちは。ママそら高知支部代表の玉井史織です。
早いもので2015年も間もなく終わり。1年の締めくくり、大掃除の時期がやってきました。
そこで、2015年12月11日、【モノを捨てて美空間を作る 〜あなたの部屋が片付かない理由は?】と題して、年末前のお片付けセミナーを開催しました。
講師の先生は、高知でスペースプランナーとしてご活躍中の飛﨑銀子さん。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お片付けは得意?

皆さま、お片付けは得意ですか?
いつもスッキリとしたキレイな部屋で過ごしたい、断捨離してモノを減らしたい!と、多くの方が感じているのではないでしょうか。
部屋がキレイだと心も爽やかになりますよね。
逆に、部屋が荒れている時は心も荒れてなんだか上手く物事が進まない・・。
など、感じたことがあるのではないでしょうか。

今回ご参加いただいた皆様も、
「モノがとにかく多くて・・」
「片付けが苦手で、どうやったらいいか分からない」
「収納スペースはあるけれど、どう収納したらいいの?」
など、お片付けの悩みを話してくださいました。

あなたはどのタイプ?「片付ける!」を決断する脳の仕組み

「片付けができない&うまくいかない&キレイな部屋が続かない・・」
そんな悩みに対して、個人個人の脳のタイプにあった4つの解決方法があるそうです。
参加された方は心理テスト感覚で質問に答えて自分のタイプとタイプ別脳の特徴を知り、個人個人にあったお片付け方法を伝授されていましたよ。

皆さん、自分に合った片付け方法を知ることができました。
性格も様々ですから、自分にあった片付け方法が分かると、よりスムーズに片付けができそうですね。

まずはモノを減らすこと 断捨離は自分磨き

断捨離(だんしゃり)とは、必要ではないモノの数を減らし、捨て、執着することから離れること。執着から解放されるので、シンプルに生きることが出来て、生活や人生に調和をもたらします。

=入ってくる要らないものを断つ
=家にずっとある要らないものを捨てる
=モノへの執着から離れる(新しいモノに気づく)

また、モノの存在価値を高めてあげることもできます。
私達人間も、無視されることは結構辛いですよね。モノも同じ。モノを減らしていくことで、残したものの存在価値が高まります。自分には不要だと思ったものも、誰かにとっては必要なものかもしれない。自分にとって不要なモノをもったいないという理由で使わないのにとっておく、という行為そのものがもったいない事なのです。
「いつか使う」=「ほぼ使うことはない」

「使わないけどもったいなくてなんとなく取ってある」ものがあったら、ぜひ誰かのために生かしてみてくださいね。
断捨離は計画的にやっていくことがお勧めだそうです。計画的に断捨離をし、心をスッキリさせたいですね。

美住空間を目指す

モノを減らすことができたら、次は美空間のつくり方を教えていただきました。
・持ち物には住所をつくろう。
・家族それぞれの箱を用意し、よく使うもの(スマホなど)は、それぞれがその箱の中に常時入れ、寝る時はその箱のまま持って行くなどして、あちこちに置かないようにしよう。
・導線と家具の配置を考えると、空間が広く見える。
・モノのリスト化をしよう。
・子どもの物は、専用の箱や場所を作ってあげて、ラベリングするなど子どもが楽しくお片付けを出来る方法を考えてみよう。
・子ども達にもいるもの・要らないもの・迷うもの、の選別をさせてあげよう。
・頂き物は、捨て辛いが、気持ちはありがたく受け取り、本当に使うか?他に活かせないか?と考えてみよう。
・押し入れに収納する際、奥にはあまり使わないもの・手前にはよく使うものを置くとキレイに収納できる。
・可能なら収納するモノの色や材質を揃えてみる。

たくさんの方法を教えていただきました。
今すぐ片づけたい!という気持ちが湧き上がってきました!

今回の会場は丸和建設株式会社様の住宅展示場、コンセプトハウス「ユルリト」。


こんな素敵な家に住みたいね、と話しながらこの日のイベントを終えました。
参加者の皆さま、講師の飛崎銀子さん、丸和建設さま、ありがとうございました。

参加してくれたお子さんもたくさんの笑顔をありがとう♡

ライター: 高知支部 玉井史織


スペースプランナー 飛崎銀子(Tobisaki Ginko)
  
建築業の仕事に携わり20年以上の実績。
「家庭訪問による収納サービス」「自主性を持たせるためのお子様片付けのお手伝い」
「新居のコーディネートサービス」「収納を考えたリフォームプランニング」など、
快適な住まいを探求しています。
  
経歴
◆ 設備設計事務所・オフィス家具店でのプランニング (東京都)
◆ リフォームモデル店舗の店長・工務店でのリフォームコーディネート (愛知県)
◆ ハウスメーカーのリフォームプランニング (高知県)
◆ スペースプランニング「グリーム」を起業 (高知県)
HP:http://gleam-g.com/


【ママそら☆こうちを応援してくださるサポートメンバーを募集中です!!】
メンバーの皆さんには、イベント情報をいち早くお届け♡
メンバー限定の情報や先行特典などお得情報もあります。
皆さんで高知の子育てを盛り上げて行きましょう♪

【ママそら☆こうち】Facebookグループはこちら↓
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/

★ママそら☆こうち、Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/


【ママそら】
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. img_6909-1.jpg

    2017-3-24

    中村 美紀さん ママそら 「今日の輝くママ」No.682

    「カンペキじゃないだらしのない自分をとにかく大好きになること」 今日の輝くママは、中村美紀さん。…
  2. 2017-3-23

    田中良子さん ママそら「今日の輝くママ」No.681

    「笑顔でいる事と、ありがとうを伝える事!」 今日の輝くママは田中良子さん。輝くママの秘訣は…
  3. 17155854_1275824509177138_463180406723132954

    2017-3-22

    神守けいこさん ママそら「今日の輝くママ」No.680

    「『自分をまず大切に扱うこと、自分を愛すること』ピンクをお守りに」 今日の輝くママは神守け…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る