小さなお子様と楽しめる特別なクリスマスツリーとは?【子どもの心を育む遊びのヒント】


644695b5268ff3b404c2b93061e453ed_s

“思い出”で作るクリスマスツリー

クリスマスまであと20日ですね。
みなさまのお宅ではクリスマスツリーを飾っていらっしゃいますか? 大きなツリーに、繊細なオーナメントをたくさん飾って……。そんな暮らしを夢見るものの、0歳のベビーや1、2歳の小さなお子様がいる家庭だと、ツリーを倒しちゃうかも、オーナメントを取ってしまうかもと、ツリーを飾ることを少し躊躇してしまいませんか? 実は我が家がそうでした。

でも、やっぱりクリスマス気分を盛り上げるにはお部屋にツリーがほしいですよね。少し大きくなれば一緒に飾る楽しみもあるのでしょうが、さすがに小さな子どもだと無理??

いえいえ、そんなことありません! 小さなお子様と一緒に楽しめるクリスマスツリーがあるんです。

0歳、1歳のお子様もご一緒に

息子が1歳だった頃。どうしたら家族みんなが喜ぶクリスマスツリーが作れるかしら、と考えました。そこで思いついたのが、写真のコラージュで作るクリスマスツリー。作り方は簡単です。

☆作り方☆
1.模造紙を用意します。この1年間に撮影したお気に入りの写真を現像し、一枚一枚、裏に両面テープを貼っておきましょう。
2.紙にあらかじめクリスマスツリー(三角の木)の形を鉛筆などで描いてください。
3.紙を壁などに貼ります。

準備はこれでOK。ここからが子ども達の出番です。

4.鉛筆でアウトラインをとったツリーの絵の中に写真を好きなようにペタペタと貼って思い出のクリスマスツリーが完成♪
5.周りに星やサンタクロース、トナカイなどのシールを貼ったり絵を描いたりするとさらに華やかに仕上がります。

我が家では、クリスマスのホームパーティーのアクティビティとして、当時1歳だった息子と4歳の姪っ子がこのコラージュツリーを完成させました。子ども達はもちろん楽しんでくれましたが、大人も、写真をみながらこの一年の成長を振り返ることができ、とっても幸せな気分になりました。

みなさまのご家庭でもいかがでしょうか?

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。2010年生まれの男の子のママ。

★Facebookページ 子どもの心を育むHappy Project 
https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. イクボス

    2017-4-28

    イクボスTODAYスタート!!ラジオママそらモーニングカフェ

    ラジオ イクボスTODAYスタート!! こんにちはー!!ママそら代表の奥田です。 今月からラ…
  2. img_8949.jpg

    2017-4-28

    渡辺 明美さん ママそら「今日の輝くママ」No.698

    「親になる事は「幸せな出来事が増える」こと」 今日の輝くママは、渡辺 明美さん。 「そう…
  3. IMG_6231

    2017-4-27

    山岡慈美さん ママそら「今日の輝くママ」No.697

    「前向きに、自分の心に正直にやりたいことをやる。」 今日の輝くママは山岡 慈美さん。輝くマ…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る