笑顔あふれる家族を目指す、子ども・夫との関わり方 ~経験という財産~



平野真理子
ママが子育てを楽しむため為に必要な心の余裕を作り出す
ベビー手話教室・お腹の赤ちゃんとのたいわ・ヒーリング・
カウンセリング・コーチング・セミナー等のコンテンツをご提供しています。
ベビー手話教室はサインのやり取りだけにとどまりません。
乳幼児期の人格形成に重要な影響を及ぼす親子の関わり方についての知識をお伝えし、
それに基づいた関わり方を実践して頂くものです。
 
今週お届けするコラムでは、親子間や夫婦間の関わりを見直して
笑顔あふれる家族を目指す、自己肯定感を育てる親子の関わり方、
そして、「自分で考え、決断し、行動できる子供」に育てる
乳幼児期の関わり方をお伝えします。
 

…………………………………………………………………

乳幼児期の価値ある経験

皆さんは子育てをしていく中で、「臨界期(感受性期)」という言葉を耳にされたことがあると思います。
お子さんを取り巻く環境によって、脳の中で覚えたり感じたりする神経回路が集中的に作られたり、回路の組み換えが最も盛んに行われる時期のこと。よく『絶対音感は3歳まで』と言われるのがこの中の一つです。
 
このことを踏まえて、早期教育を推進されている方もいらっしゃると思いますが、絶対音感や言語、数学的能力や運動能力以外にも人間として生きていく際に重要な経験というのは多岐に渡ります。
 

例えば、本を読むこと。乳幼児期から本と仲良しになっておくと、大きくなってから、自分で本を楽しんで読むことが出来るようになる。
例えば、スキンシップ。乳幼児期に抱っこされた経験があまりないと人に触られることが不快になる場合がある。
例えば、思考の癖。乳幼児期に怒られることや指示されることが多いとネガティブな思考パターンを多用することになる。
 

赤ちゃんたちの日常の遊びやいたずらの中にも、その時期に経験すべき行動が潜んでいることがあります。それを全て大人側の都合で「ダメ」にしてしまう事は、実は、とてももったいないことなのかもしれません。もしかして今、「ダメ」と言ったそのことで後に天才と呼ばれる才能が形作られていくかもしれないのです。好ましくない行動でも、その行動の背後にあることまで想いを馳せることも、ママとして求められるスキルのひとつなのかもしれません。(※社会性を踏まえたうえでの線引きは必要になると思いますが……)
 

 
では実際に乳幼児期をどのように過ごしたらいいのでしょうか?
 

主な養育者(大体はお母さん)が愛情を持って、お子さんと色々な物事を感じあい、一緒に楽しむことが大切だと思います。お子さんが1人で経験するのではなく、お父さんやお母さんと一緒に楽しく経験することがポイントとなります。大好きなお父さんやお母さんと一緒に楽しくできることであれば、どんどん好きになって、それがお子様の才能として芽吹いていくのではないでしょうか。それは特別な経験でなくても大丈夫。ご家庭で日々の接し方の視点を変えて、お子さんが今、興味を持っていることにフォーカスし、それを伸ばすような関わり方を意識してみましょう。どんなことでも、継続して経験を積み重ねていくことで、特別な才能として認められるものになると思いませんか? お子さんの才能はどこから花を咲かせるか、わかりませんものね。

 
そして、赤ちゃんの時から、1人の人間として尊重し受容、共感し、更には社会性を身につけることによって、自分で考え、自分で決断し、自分で行動し、自分も他人も大事にできる人間へ成長するという素晴らしい花を咲かせてくれるのではないでしょうか。
 

<プロフィール>
2006年よりママの心に寄り添うセラピストとして活動
2007年に藤沢市鵠沼海岸に
ハワイアンスピリチュアルロミロミサロン OiaioLima オープン
2011年より飛騨高山に移転し、
ハワイアンスピリチュアルロミロミサロンとベビー手話教室を主宰。
 

…………………………………………………………………
明日のコラムでは、「感受性と表現力」についてお話いたします。
 

親子が笑顔になれる場所 オイアイオ・リマ
HP URL http://www.oiaio-lima.com
blog URL http://www.ameblo.jp/coco-lomi/
Facebook ページ http://www.facebook.com/Oiaiolima
 

…………………………………………………………………
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
 

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 36842833_1760565660693764_122878000726278144_n

    2018-9-20

    平井ちひろさん ママそら「今日の輝くママ」No.961

    「自分が常にhappyでいること」 今日の輝くママは平井ちひろさん。 正しいか正しくないかは…
  2. 2018-9-19

    佐々木大介さん ママそら「今日の輝くパパ」No.72

    「奥様のお腹の中に赤ちゃんがいる段階から「家族」は始まっています。」 今日の輝くパパは…
  3. 2018-9-18

    片岡優衣さん ママそら「今日の輝くママ」No.960

    「嬉しい時もしんどい時も泣きたい時は、子どもの前でも泣いて1人で溜め込まないこと。」 今日…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る