女性の意識が変われば日本も変わる!ウーマン・イノベーション協会@首相官邸


女性の意識が変われば日本も変わるかも!?

菅官房長官・中山外務副大臣とウーマン・イノベーション協会@首相官邸

菅官房長官・中山外務副大臣とウーマン・イノベーション協会@首相官邸

こんにちは〜ママそら代表の奥田絵美です。
突然ですが、みなさん政治に関心ありますか??

「関心がないわけではないけど、なんだか難しそう」
「私が関心をもったところで日本は変わらないよね」

そう思う方も多いのではないでしょうか。
という私も実はそんな考え方だったんです。

でもね、子どもが生まれてママになってから真剣に日本のこと未来のことを考えるようになったんです。
子どもたちのために少しでもいい未来になるように、私ができることは何だろうって。

それで、「ママの輝きから明るい未来へ」というコンセプトでママそらを作ったわけなんです。
ママが笑顔になってイキイキしていたら、子どもも家族も社会も元気になるよねって。

正直ね、「ママの輝きから明るい未来へ」とか「ママが日本を変えるー!!」とかスタート当時は自分でも大げさなこと言ってるなーと思っていました。笑
でもね、叶うのでは??と現実味帯びてきたんです。

ママ世代の投票率は?

総務省HPよりhttp://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

国政選挙の年代別投票率は、平成26年12月に行われた第47回衆議院議員総選挙では、20歳代が32.58%、30歳代が42.09%となっており、平成25年7月に行われた第23回参議院議員通常選挙では、20歳代が33.37%、30歳代が43.78%といずれの選挙でも他の年代と比べて、低い水準にとどまっています。
そこで総務省では、特に若年層への選挙啓発に努めるとともに、関係機関等と緊密な連携を図り、投票率の向上に努めることとしています。
※年代別投票率は、全国から標準的な投票率を示している投票区を抽出し、調査したものです。

40歳代が49%、30際代が42%、20歳代が32%。
うーーーん。低い。半数以上の方が未投票。

でもね、裏を返すとこの半数以上の人が動けばまた変わるよね。
ここに大きな可能性があるんじゃないの??と思うわけです。

政治はママがポイントだと思う

これは私の持論ですが、未来のことを一番真剣に心配しているのは子どもを持つママなんです。
だって愛する我が子のことを思えば少しでも良くしたいと思うのが親心。

でも政治に対して不安や不満はあるけど、どう意見したり、改善していけるのかがわからないのもママ。

だから、ママに政治をもっとわかりやく、そして、「私たちが創っていく」という意識に変われば大きく動くはず。

あとね、ママが政治に関心を持つと、子どももジィジもバァバももっと関心もつようになるはず。

だからこれからの政治はママがポイントだと思うんです^^

女性の声を届けに首相官邸へ

10月のとある日。
ママそらも参画しているウーマン・イノベーション協会が首相官邸へ。

女性の声を届けに菅官房長官と面会。

私は残念ながら九州出張と重なり参加できなかったのですが、参加した方の感想を聞くと「あーー私たち女性が本当に日本を変えていけるかもしれない」と思うほど。

安倍政権新たな3本の矢は

(1)希望を生み出す強い経済
(2)夢を紡ぐ子育て支援
(3)安心につながる社会保障。

どれもね、ママ世代に大いに関係することなんですよね。
だから私たちのリアルな声を届けていくことって本当に必要。

そしてそのためには冒頭で書いた
「関心がないわけではないけど、なんだか難しそう」
「私が関心をもったところで日本は変わらないよね」
とか言っている場合ではないのです。

不満や不安をいうんではなく、意見できるママを増やしていきたい。
少しずつでもいい。
政治に関心もってみませんか??

次世代に残すための日本を、私たち女性の力でつくっていきましょう

ママそらも参画しているウーマンイノベーション協会。

ウーマンイノベーション協会では、日本の女性活躍における課題を解決し、女性の可能性を社会に向けて還元し、多様な女性活躍のあり方を社会の中で実現することを目指します。

あなたの可能性を最大限に活かし、さらなる飛躍を素敵な仲間と一緒に実現しませんか?

次世代に残すための日本を、私たち女性の力でつくっていきましょう。

100万人まで、あと67万人
HP:http://www.awijapan.com/より

女性の活躍を応援する団体が集まり毎月会議をしています。
活動はそれぞれだけど各団体の想いは1つ。

尊敬する先輩方の中で、難しい話になると私も「ん??」となってしまうこともあるのですが(笑)私にできること、ママそらにできることをしっかりやっていこうと思っています。

今回はママたちに、少しでも政治について考えるきっかけと、私たちが変えていこうよー!!というメッセージ。
あ、念のために書いておきますが、◎◎党を支持しましょうー!!◎◎さんを応援しましょうー!!とかそういう訳ではないです。
私が選挙に出たい訳でもないですよ。笑

一人一人が政治に関心をもって、自分の考えで選択できるママが増えたらいいなーと思います。

これからママそらでも定期的に情報発信&活動報告していきます。
ご興味がある方はぜひウーマン・イノベーション協会の会員にもなってくださいね。

私たちが明るい未来を創っていきましょう!!
http://www.awijapan.com/

★ママそら ウーマンイノベーション関連記事
http://mamasola.net/?p=42171


奥田絵美代表著「新しいママの働き方」
新しいママの働き方と200名のリアルなママの声がギュッと詰まった1冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. IMG_6299

    2017-5-25

    杉本香代さん ママそら「今日の輝くママ」No.710

    「上手に周りのを巻き込み仕事も遊びも生活も楽しむこと!」 今日の輝くママは杉本香代さん…
  2. 18222300_1338341176258804_2756170547988719266_n

    2017-5-24

    栗田みほさん ママそら「今日の輝くママ」No.709

    「まず、自分の心の底からやりたいことを知ったら、あとは、それが叶うと信じて楽しみながら行動するだ…
  3. 無題

    2017-5-23

    白土栄子さん ママそら「今日の輝くママ」No.708

    「子育ては最高の経験。子育てを通じて広がっていく自分の可能性にも目を向けて。」 今日の…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る