穐山双葉さん ママそら「今日の輝くママ」No.442


双葉さん

「子どもたちのために、親御さんたちにも「夢」を持ってイキイキと人生を歩む姿を見せてあげてほしい。」

今日の輝くママは、穐山双葉さん。

世代を超えた交流により、若いママに視野を広げて欲しいと願い、育児サークルを主宰し24年。
そして今度は子供達の夢を育てるために夢を見つけ育てる教室を開かれた、アグレッシブな穐山さんの
メッセージをお届けします☆彡

 

【名前】 穐山双葉 (あきやまふたば)

【お住まい】 神奈川県小田原市

【子ども】
長男26歳 長女24歳 二女16歳(高校1年生)※孫はまだです。

【職業】
ドリームファシリテーター
子どもキャリアアドバイザー
育児サークル「Candy House」主宰(来年25周年)
現在は大学の就職課勤務

akki

【最近嬉しかったこと】
つい先日も私を取り巻く環境で困難な事が次々と起こり、私の身動きが取れなくなってしまったのですが、すぐに心配して「話だけでも聞くよ」とか「お役に立てることがあったら言って!」などの暖かい言葉をかけてくれる友人の存在が非常に有難く嬉しかったことです。

また主宰するサークルの仲間たちも、私に何かある度に、私が復活するまでいつも信じて待っていてくれることが、私にとっては何よりの心の支えです。

【輝くママの秘訣】
常に向上心と好奇心を持つことでしょうか(笑)

時代はドンドン移り変わりますから、若い人や子どもたちにも付いて行かれるように、常に新しい情報や、知らないことも敏感にキャッチするように心がけています。

【住んでいる街の好きな所】
神奈川県の南西に位置する小田原は、県内でも気候が温暖なため(横浜より大体いつも2℃暖かい)食材が豊富です。

野菜や果物はもちろんですが、なんといっても漁港や市場があるので、魚が安くて新鮮なものがスーパーでも普通に並んでいて、更に色々な魚がほぼお刺身で食べられます。(ちなみに秋刀魚もお刺身アリです)

そんな豊富な食材を生かした飲食店も個性的なお店が多く、どのお店に行ってもハズレはありません。(チェーン店は別)

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
乳幼児の育児は体力勝負みたなところが大きいと思います。

しかし学校に行くようになると今度は精神的に大変になると思いますよ。

子どもというのは、小さいうちは言葉が養われていないので、上手く大人に伝えられなくて癇癪起こしたり泣いたりして態度で示してくれますから、実は解りやすいんですよ。

でも大きくなって学年が上がれば上がるほど、親の知らない集団の中での出来事が大半を占めるようになりますから、こちらから聞かないと話もしてくれなかったり、態度で示す時は突然爆発してみたりします(笑)

だから今、乳幼児期のまだ親の範疇のうちに育児を楽しんでおいてください。

そして思いっきり可愛がって、親バカであってください。

そうしておくと後々大きくなってから突然爆発されても、可愛かったあの頃を思い出し、その先の親の在り方も考え直せることがきっとあります。

私が長年活動を続けている育児サークルは、全国でも珍しい世代間交流のサークルです。

子育てが終わったらもうそれで終わりではなく、先輩ママとしてできること。先輩ママだからこそ分かってあげられることがあると思います。

そして若いママたちは同じ年代や仲間としか集わないのではなく、様々な年代や職業の人とも広く関わり、広い視野と心を持って、子育てしてほしいとの私の願いで活動しています。

【目標・活動など】
授業
私は今「ドリームファシリテーター」として「夢わくわく教室」を展開しています。

私が何故この活動をしているのかと言いますと、私は現在、大学の就職課というところで大学生の就職活動の支援をしているのですが、学生の「働く」ということに対する意識の低さを、日々感じているからです。
その理由を様々考え、我が子たちにも照らし合わせた結果「子どものキャリア教育」にたどり着きました。現在神奈川県内の公立高校でもキャリア教育を取り入れた総合高校が設置されましたが、私はもっと前の小学生のうちからキャリア教育は取り入れたほうがよいと考えています。

子どもたちが生きていくこの先の時代は私たち大人が想像する以上に困難だと思います。益々少子高齢化は進み、人口は減少。
すでに第一次産業や建設業などは人手が足らず、世界各国からの就労者を受け入れつつあります。現在の学生たちの就職活動を見ていても、他国の優秀な学生が大手企業の椅子を次々ゲットしていく様子が見え、それは何年増加の一途を辿っています。

その激変の時代を生き抜くためには、まずしっかりと自分と向き合わなくてはなりません。
その第一歩が「夢わくわく教室」で「夢をみつけること」なのです。
「夢」とはわくわく楽しく生き抜くためのキーワードです。
その「夢」をもって、自分の将来を見据えてほしいと思います。

そして子どもたちのために、親御さんたちにも「夢」を持ってイキイキと人生を歩む姿を見せてあげてほしい。そう願って「大人のための夢教室」も展開していきたいと思っています。

アメブロ「就活は10歳から!」
http://ameblo.jp/nanchatte-28/entry-12051669298.html

ライター:湘南支部 和田みゆき (2015.9.10)


コメントや「いいね!」でママ達の応援をよろしくお願いいたします。

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーターを募集中しています!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら湘南 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.shonan

★ママそら湘南 Facebookグループ (サポーター募集中です!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.shonan/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
和田 みゆき

和田 みゆきママそら湘南 代表 家庭倶楽部 代表

投稿者プロフィール

ママそら湘南 代表 1女の母 家庭教育家。家庭教育アドバイザー。学校法人八洲学園 理事  学校法人文理開成学園 理事 他

【デキテイル】【可能性の開花】に焦点を合わせた家庭教育の専門家。
自己表現とコミュニケーションを変えることで、自分にも相手にも自信を育てることに気づきメソッド構築。講座・講演・執筆の他に、子育てと生き方の悩みを解決するコンサルティングも実施中。
ママそら湘南FBページ https://www.facebook.com/mamasola.shonan
和田みゆきブログ http://ameblo.jp/miyuki-lifestyle/
家庭倶楽部公式ページ http://www.kateiclub.net
家庭倶楽部FBページ https://www.facebook.com/kateiclub/

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 61916171_881701302190189_106851167052496896_n

    2019-6-19

    ゆきの直子さん<奈良県>ママそら「今日の輝くママ」No.1083

    「本音で生きること。自分のしたいことを意識しながら生きています。」 今日の輝くママは保…
  2. 2019-6-18

    濱田加恵さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1082

    「当たり前の生活ができること、感情を表出できる家族がいることは素晴らしいことです。」 今日…
  3. 2019-6-17

    Hug-me〜はぐくみ〜<高知県>ママそら「子育て応援企画」No.14

    「発達の障害(でこぼこ)があるなしにかかわらず、すべての子供達が生き生きと暮らせる世界を目指して…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る