あまえとあまやかしの違い 子どもと生きるあまえ子育てのすすめVol.4


あまえる子どもは独立できない?〜親子の境界線を守る②〜


高知県西南病院小児科医長や、児童相談所医務主任としてご活躍され、たくさんの子ども達と出会う中で澤田敬先生が気づいた「あまえ」の大切さ。
現在、NPO法人「カンガルーの会」の理事長として活動をされながら、「あまえ子育て」をすすめていらっしゃいます。

②「あまえ」と「あまやかし」の違い

あまえ子育てでは母子が密着し、母子の絆は強くなり、心の安全基地をより強く作りますが、一方、親離れ、子離れが難しくなる危険性があります。あまえ子育てには、お母さんと子どもの境界線がはっきりしなく、子どもがお母さんの世界まで侵害する危険性、またお母さんが子どもの世界まで侵害する危険性があります。

「この子は家の跡取りだ。この子は絶対〇〇大学に入れるのだ」などと、子どもの性格・意思を無視して、乳幼児期から将来を決めて、必死に教育をするなどは、お母さんが子どもの心の中まで踏み込んだ状態であり、お母さんが子どもとの境界線を破っています。

わがままがひどい「あまったれ子」は、子どもが親を操る状態です。「”あまえ”と”あまやかし”の違いは?」「あまったれ子はどうしてできるのか」とよく聞かれます。

“あまやかし”の場合、親子の良い心の響き合いができていません。お母さんが寂しさを子どもに満たしてもらおうとし、お母さん自身が気づかないうちに、あまえてくれるよう働きかけ、こどもの甘えを誘発します。子どもから自主的にするあまえではありません。

お母さん自身の心が満たされていなく、。お母さん自身の自我、自尊心が確立していないことが多いような気がします。母子間の心の境界線がしっかりとできていません。

こどもを抱き込もうとするので、子どもはお母さんの心を感じ、躾にならなく、お母さんを操り、わがままがひどくなります。
子どもの心は安定せず、我慢することができず、お母さんから離れることができなく、従属的で、自我の確立は難しくなり、自立できなく、混乱した心となり、わがままがひどく、べたべたあまえる”あまったれ子”になります。

あまえてくる子どもの心を探ってみましょう。お母さん自身の心を覗いてみましょう。お互いの心の中が見えるようになり、お母さん自身が自分の生き方をしっかり身につければ、。親子の境界線をこわすことはありません。

子どもは何歳になっても、機会があるたびに0~3歳に逆戻りしてあまえ、より豊かな心を作ろうとします。親子の境界線をしっかり持ちながら、子育てを楽しんでください。
お母さんは孤独になると、親子の境界線を破る危険性が強くなります。お母さんも色々な人と接し、親子の境界線について話し合うことが大切です。


澤田敬先生

澤田 敬(さわだ けい)

高知県生まれ。1966年に長崎大学医学部を卒業。
1972年 高知県立西南病院小児科医長・のちに部長
1999年 高知県立中央児童相談所医務主任
2009年 認定NPO法人「カンガルーの会」設立
2011年 児童相談所退職

現在、「FOUR WINDS」(四つの風)乳幼児精神保健学会を設立、日本虐待防止学会評議員「あまえ研究会」世話役代表、認定NPO法人「カンガルーの会」理事長


認定NPO法人「カンガルーの会」
住所:高知県吾川郡いの町八田235-2
TEL/FAX:088-893-6137
*「カンガルーの会」は子どもへの虐待予防を目的に、予防的かかわりのできるスタッフの養成を行っています。


【ママそら☆こうちを応援してくださるサポートメンバーを募集中です!!】
メンバーの皆さんには、イベント情報をいち早くお届け♡
メンバー限定の情報や先行特典などお得情報もあります。

皆さんで高知の子育てを盛り上げて行きましょう♪

【ママそら☆こうち】Facebookグループはこちら↓
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/


★ママそら☆こうち、Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-5-23

    稲葉恵さん ママそら「今日の輝くママ」No.904

    「食で『楽しい』や『美味しい』という経験を子どもたちに伝えたい!」 今日の輝くママは、食で…
  2. 2018-5-22

    ワタム千絵里さん ママそら「今日の輝くママ」No.903

    「ママである以前に、一個人としてハッピーであること」 今日の輝くママはカナダバンクーバーに…
  3. タイトルなしのコラージュ (2)

    2018-5-19

    小島真子さん 主婦からメディア多数出演の大人気インテリアコーディネーターへ〜ママそらラジオ〜

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る