松本秀幸さん ママそら「今日の輝くパパ」No.26



「自分のストーリを生きて、成りうる限りの最大最良の自分であるためにチャレンジする」

今日の輝くパパは松本秀幸さん。
大切な家族がいてくれるからとお仕事や活動にも常にチャレンジされている、ご夫婦とても仲のよい松本さんの素敵なメッセージをお届けします☆

【名前】松本 秀幸(まつもと ひでゆき)

【お住まい】福岡県福岡市

【お子様について】2人 長男14歳、長女11歳

【職業】コーチ&作家 (英語習得&活用、ライフワーク)

【最近嬉しかったこと】
自分が3年前からやりたいと思っていた仕事、日本と海外の智慧がつながる場をつくることへの入り口が見つかったこと。

【輝くパパの秘訣】
・自分の好きなこと、得意なこと、そしてお役に立てることをやること
・自分の人生でこれができたら満足、というものを決めておき、そこだけにこだわること
・自分の軸を持つこと。これがあれば自分にとっての信号と雑音が明確になる
・パートナーは人生のプロジェクトチームメンバー、調子が良い時もそうでない時も、共通のビジョンを持てばお互い支え合える。
共通のゴールが持てないとお互い合意したら、チームを解散するくらいの相互理解が大切。
ただし解散は早まらないこと(笑)
我が家も契約解除の危機が3回位ありました。
妻には「粘り強くよくがんばったね」とほめられます。
・自分の人生のストーリーの主役であり、出会う人の人生の名脇役になる。

【住んでいる街の好きなところ】
あかり珈琲さん、妻の店の近くで、よく二人でお茶をのみにいきます。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
僕は妻が「自分の好きなことを、やりたい形で実現していく姿」を間近で見てます。
うまくいくことばかりではないですが、そこを乗り越えていく姿は素晴らしいです。
妻にファンが増えるのも納得です。
自分を大切にして、自分の大切な人、大切なことを大切にして生きる、ということを多くの方がやりたいと思っているのだから。

僕は「サラリーマンが趣味をライフワークにしたらどうなるか」の実験をしているうちに6冊本を出版したり、「好きなところで、好きな人達と、好きなように仕事ができる」、そんな状態になりました。
そうなる過程で、自分の一歩先、二歩先くらいをいっているメンター(お手本)の皆さんから学んできました。

いま、つらいな、不安だなとか思うことがあっても、それを解決していきいき生きている人は割りと身近にいると思います。
是非そんな人に出会って、刺激を受けて、少しずつ変わっていきましょう。焦ることはありません。
そうやって成長していくと、いつの日か、あなた自身に「私のお手本なんです」という人が現れるでしょう。

【フリー記述。目標・活動など】
僕の人生の役割は「出会った人の可能性をひらき、形にしていくお手伝いをするガイド」です。
自分の人生でこれだけできれば満足という「人生の評価指標」は「僕に出会ったことで可能性を開けた人の数」でした。
これだけだと僕が生きている間で出会える人の数で制限されてしまうので改良しました。(笑)
「僕に出会ったことで可能性が開けた人の数。その人たちが可能性を開いた人の数を含む」です。

これで、僕が直接お会いする機会のない人も、僕がこの世を去ったあとでも、どんどん「松本秀幸の人生の評価指標」の数は増えていきます。
すごい自己満足な指標です。(笑)自分の人生を満ち足りて生きる方法を知ること、これがまず最初の段階でやることだと思います。

自分が満ち足りていない人は他の人を満たすことはできない。
自分の人生のストーリーの主人公でない人は、他の人に自分の人生ストーリの主人公を取られてしまいます。そして人生の最後になって「自分の人生を生きてなかった」と後悔するようです。

どんな人生を生きるかは自分で決められます。そして一緒に人生のストーリを紡いでいくパートナーとの相乗効果、仲間とのストーリーをどうつくって次の世代に繋げるか、そんなふうに考えて、行動すると、この世を去るときに「やったね」と思えると思います。

僕が直接可能性をひらき、形にする人たちの中で、何があっても外れないのは二人の子どもたちです。
この人生で親であるのは初めての体験なので、いつも試行錯誤です。決してかっこよい父親でもないでしょう。
でも、子どもたちにこんなレベルの僕でも「自分の好きなことをやって楽しくビジネスをやり、多くの人達に感謝されてる」ということを見ててもらえればいいかなと思います。
彼らが大人になって社会で活躍し、親になる過程で、僕と妻のことも理解できるようになるでしょう。

僕自身も親の年齢になることで、当時の両親の想いがわかりました。
長男がうまれたときに、夜に新生児がいる部屋のガラス越しに長男をみてました。
その時に涙がでてきました。
僕がこの子をみていると同じ眼差しで父親が僕のことを見てくれていたんだな、と感じたからです。

不完全な人間ながらも「自分のストーリを生きて、成りうる限りの最大最良の自分であるためにチャレンジする」、そんな姿を見せていきたいと思います。

20年間のサラリーマンをやめてライフワークでいきている僕はライフワークを3段階に分けています。

第一段階:自分の好きなこと、得意なこと、お役に立てることをやる =>英語習得&活用のためのお手伝い
第二段階:出会った人が自分の好きなこと、得意なこと、お役に立てることでライフワークをするお手伝い=>コーチング
第三段階:「豊かな学びの機会の循環」の運用 2018年にはこちらをメインにする予定

僕の人生のテーマは「豊かな学びの機会の循環をつくる」ということです。
青年海外協力隊での2年間の経験で「貧困のサイクル」への自分の無力さをしり、38歳で社会起業家になると決めて、ライフワークを始めました。
つい先日、日本で貧困層の子どもたちが360万人いることを知りました。
まだまだ小さな僕の活動ですが、自分が成長していくことでより大きな貢献ができるようにしていきます。

そう思えるのは、大切な家族がいてくれるから、そしてパパとしての成長をしてきたからではないかな、そんなふうに思ってます。

Make Your Life Story a Masterpiece! あなたの人生のストーリを最高傑作にしていきましょう!
http://www.gogoenglish.jp/

 

ライター:ママそら福岡支部 古賀順子 2015.


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

 

★ママそら福岡facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.fukuoka

★ママそら福岡グループページ(サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.fukuoka/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. Image-1-4

    2018-8-17

    夏休みラジオ2本立て!「繋がる離島・八丈島、新島、ハワイの絆」「こどもアナウンサー体験」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…
  2. 38689605_1787045868052890_4633863309693550592_n

    2018-8-17

    下村 真有美さん ママそら 「今日の輝くママ」No.945

    「わたしはわたしのスタイルで!ということ。誰にも振り回されずに自分の領域を持つこと。」 今…
  3. 36236440_1681641105284806_4414480009461235712_n-630x473

    2018-8-16

    水上 里美さん ママそら「今日の輝くママ」No.944

    「やりたいと思ったらやってみる! 」 今日の輝くママは…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る