コルクコースターで鯉のぼり写真立てを作ろう!【子どもの心を育む遊びのヒント】




100均コルクコースターが鯉のぼりに変身!

もうすぐこどもの日/端午の節句ですね。男の子のお祝いの印象が強いのですが、こどもの日は子ども達の健やかな成長を願う日なので、ぜひ家族みんなでお祝いしましょう。

♪屋根より高い、鯉のぼり~♪
と子ども達の元気な歌声が聞こえてきそうですが、なぜ鯉のぼりを飾るのでしょうか? これは、鯉が激流に逆らって竜門という滝をのぼって竜になるという、中国の鯉の滝のぼり(登竜門伝説)に由来しています。一匹の鯉が激流に逆らいながら竜門(滝)をのぼりきり、竜に変身したという話から、鯉は立身出世のシンボルとして飾られるようになったのですね。

住宅事情もあり“屋根より高い鯉のぼり”は難しいかもしれませんが、小さな鯉のぼりならお部屋でも楽しめるはずです。

そこで今日は、100円均一ショップでも手に入るコルクのコースターを使って鯉のぼりの写真立てを作ってみました。

用意するものは、円形のコルクコースター(2枚)、折り紙、白丸のシール(あれば)、黒ペン、ハサミ、木工用ボンド。

まず、コルクコースターを半分に切ります。

半月になったコースター1枚に、白丸のシールを貼ります。シールがなければ、白い紙を丸く切って貼ってもOK。白丸の中にペンで黒丸を描き目をつけます。

好きな色の折り紙を小さな三角形に切ります。切った三角形の折り紙を“鱗”に見立てて木工用ボンドで貼ります。

これで鯉の出来上がり。鯉になった半月のコースターの裏に、何も貼り付けていない残りの半月を貼り合わせます。さらにもう2枚、裏に重ねてはり合わせます。この時、真ん中(2枚目と3枚目)の半月は全面を糊付けするのではなく、上部に少しスペースを残しておきます。

上部のコルクとコルクの隙間に写真をはさめば、写真立てに♡

ぜひ、みなさんもお子様と一緒に作ってみてくださいね。

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。2010年生まれの男の子のママ。

★Facebookページ 子どもの心を育むHappy Project 
https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. recruit_fileUpload1

    2018-2-23

    新宿で東北に出会う! 新しい東北づくりシンポジウム&合同企業説明会

    3月3日(土)「新しい東北づくり」シンポジウム&シゴトフェアで東北の魅力に触れる 東日本大震災…
  2. img_3633.jpg

    2018-2-23

    佐々木 幸子さん ママそら 「今日の輝くママ」No.863

    「自分が”ゴキゲン”でいることが家族にとっても一番」 今日の輝くママは、佐々木幸子さん。双子のお…
  3. 2018-2-22

    村松雅代さん ママそら「今日の輝くママ」No.862

    「自分に素直でいることです。」 今日の輝くママは村松雅代さん。1日24時間はみんな平等…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る