ママだけががんばらない暮らしのシステム4(ママそら関西 選抜コラムニスト)


 

「ママだけががんばらない暮らしのシステム」
子どもも参加したくなる家事システム

 

【自分のことは自分で】
家族が家事を手伝ってくれません、というお話を良く聞きます。

「できるママ」のイメージもあって、家事も仕事も完璧にとついついママだけががんばっていませんか?
システムを整えることで、ママの家事負担はぐっと減ります!私は家事時間が激減し、気持ちにも余裕ができました。

我が家は、自分のことは自分で!が基本。
持ち物は個人で管理すること、自分の洗濯物は畳んでしまう、水筒・上靴も幼稚園から自分で洗うこと、ベッドも自分で整えること・・・など、今では当たり前になっています。おやつや朝食も自分たちで準備・片付けをします。厳しくしつけてきたわけではありません。

小さい頃から自分で出来ることを増やすために、いろいろな仕組みを考えてきました。
見てすぐにわかる収納にしたり(下着は空いているところに戻すだけ)

使いやすい道具に変えたり(子どもでも大丈夫な食器を低い引き出しに)

小さな子どもでも無理なく使える位置に変更したり(朝食セットは冷蔵庫の下段へ)

自分のペースで出来る様にしたり(洗濯物はそのまま室内へ。自分の分だけ畳めばOK!)

 

【自分の「心地いい」】
どうしたら使いやすいか、子どもと一緒に考えます。

小さな子どもでもちゃんと自分の心地いいがわかっています。ママはちょっとサポートするくらいの気分で、先回りするのはやめましょう。
方法はトライアンドエラー。最初は一緒に試してみます。すぐに上手くいくと思わず、ゆっくり出来る方法を探してみること。
そして毎日完璧でなくても、怒らないこと。大人でもさぼりたい時もありますよね。(笑)様子を見てリセットしてあげましょう。年齢が上がるにつれて出来ることもぐんぐん増えます。
身の回りのことや家事が出来ることが身に付くと、将来の子ども自身の助けになります。時には「大人になる訓練だよ!」と声をかけることもあります!

パパが手伝ってくれない、片付けてくれない!も同じ。実はパパも使いづらいのかもしれません。パパの楽な方法を探してみましょう。そして上手くいくまで待ってみましょう。ママだけが決めているわけじゃないよ!という気持ちになってもらうことが大切。
「家族の一員」という気持ちが、家事をお手伝いではなく暮らしの中の必要なこととして担える様になります。暮らしも、家族みんなで作るものですからね!

ママだけががんばらない暮らしのシステム1:http://mamasola.net/?p=37489
ママだけががんばらない暮らしのシステム2:http://mamasola.net/?p=37493
ママだけががんばらない暮らしのシステム3:http://mamasola.net/?p=37496
 

【コラムニスト紹介】

 田中 佐江子

大学卒業後、総務部にて人事給与を担当。第1子出産を機に退社後、専業主婦から整理収納の資格を取得。現在は日本ライフオーガナイザー協会認定講師として講座を開催、PTAやサークル、カルチャーセンターなど、公共機関含め実績多数。ママと子どもの「暮らしの段取り」を整えるためのお片づけ作業もサポート。狭小賃貸マンションでの5人家族の暮らし、3人兄弟の育児を通し主婦目線の快適な暮らしの方法、子育ての工夫などを伝えている。また説明力養成メディエーターとして「わかりやすく伝える方法」を広める活動中。
http://ameblo.jp/saetan315

編集★ママそら関西 支部代表&ママそら絵本館 館長  津村美乃里(2015.4.23)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/0

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 1391

    2017-3-1

    ママの声を取り入れた子ども服ブランド「minau/ミナウ」がデビュー!

    2016年2月にママそら×ユアーズアーミーワールドによる子ども服新ブランド開発プロジェクトにご参加い…
  2. 16265174_1234249026668020_414252075534903271_n

    2017-3-1

    山村亜希さん ママそら「今日の輝くママ」No.670

    「周りのステキだなと思った方から積極的にアドバイスや工夫など教えていただき、それを「素直に」…
  3. 2

    2017-2-28

    長南 華香さん ママそら 「今日の輝くママ」No.669

    「子どもはママの能力才能を発揮させてくれる、ちっちゃな神さまです」 今日の輝くママは長南華…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る