ママだけががんばらない暮らしのシステム1(ママそら関西 選抜コラムニスト)


ママだけががんばらない暮らしのシステム1(ママそら関西 選抜コラムニスト)

ママの理想と家族の理想

私は大阪府八尾市というところで、50㎡強の3DKに家族5人で暮らしています。パパと、4月から中学生の長女、5年生の長男、2年生の次女です。

狭い賃貸マンションですが、充分に快適な暮らしです。それは私が毎日せっせとお片づけをしているから・・・ではありません。
これから5回にわたりライフオーガナイズと「ママだけががんばらない暮らしのシステム」についてお伝えしていきます。

『ライフオーガナイザー』『ライフオーガナイズ』という言葉を初めて目にされた方も多いと思います。2回目で詳しくお伝えしますが、ライフオーガナイズはアメリカ発の整理術です。モノ・空間だけでなく思考・時間・情報など、暮らしと人生にまつわるあらゆるものを整えることが出来るスキルです。私の暮らしはライフオーガナイズに出会い、かなり楽になりました。子育てにもとても役に立っています。

 

【お片付けの悩み】

子育て中のママなら、何かしらお片づけについての悩みがあるかと思います。

「片付けても、片付けても、散らかる・・・」「家族が(こどもが・パパが)片付けられない」
「子どもが片づけられる様になって欲しい」、あるいはママが、お片づけは苦手!という方も多いです。

 

では何のために片付けが必要なのでしょう?
少々散らかっていたって、本当は大丈夫。でも片付いていない空間を見て、自分にダメ出しをしているママが多いのです。「お片づけくらい出来ないなんて・・・」と自己嫌悪に陥ったり、家族にイライラしてみたり。それでは、家は快適な空間にはなりませんね。
家族が快適に、楽しく暮らすため。それがお片づけをする理由ではありませんか?

 

【快適な家とは】

実は片付けというのは永遠に続くもの、と言えます。
日々の生活行為にモノを使わない日はありませんね。もし、生活感のないモデルルームの様な空間を理想にしたら、きっと窮屈に感じます。何か一つ出ているだけで、それがストレスになってしまうでしょう。

まずは「快適な家」について家族みんなで考えてみて下さい。パパの理想や子どもの希望を聞いてみたことはありますか?ママが思う家と違いがあるでしょうか。
毎日完璧に片付いていなくても、少々散らかったままの時期があっても、家族が快適だと感じる空間を作るのが第一。誰かと比べる必要もありません。ママだけでなくみんなで考えることで、家族の意識も変わってきますよ!

 

【コラムニスト紹介】

 田中 佐江子

大学卒業後、総務部にて人事給与を担当。第1子出産を機に退社後、専業主婦から整理収納の資格を取得。現在は日本ライフオーガナイザー協会認定講師として講座を開催、PTAやサークル、カルチャーセンターなど、公共機関含め実績多数。ママと子どもの「暮らしの段取り」を整えるためのお片づけ作業もサポート。狭小賃貸マンションでの5人家族の暮らし、3人兄弟の育児を通し主婦目線の快適な暮らしの方法、子育ての工夫などを伝えている。また説明力養成メディエーターとして「わかりやすく伝える方法」を広める活動中。
http://ameblo.jp/saetan315

編集★ママそら関西 支部代表&ママそら絵本館 館長  津村美乃里(2015.4.2)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/0

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 1391

    2017-3-1

    ママの声を取り入れた子ども服ブランド「minau/ミナウ」がデビュー!

    2016年2月にママそら×ユアーズアーミーワールドによる子ども服新ブランド開発プロジェクトにご参加い…
  2. 16265174_1234249026668020_414252075534903271_n

    2017-3-1

    山村亜希さん ママそら「今日の輝くママ」No.670

    「周りのステキだなと思った方から積極的にアドバイスや工夫など教えていただき、それを「素直に」…
  3. 2

    2017-2-28

    長南 華香さん ママそら 「今日の輝くママ」No.669

    「子どもはママの能力才能を発揮させてくれる、ちっちゃな神さまです」 今日の輝くママは長南華…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る