病気と向き合い始めるようになった私~パニック障害経験談コラム4~(ママそら関西 選抜コラムニスト)


病気と向き合い始めるようになった私

第四回は私が病気と向き合えるようになったきっかけをお話したいと思います。

通院してお薬を飲みながら、少しずつ日常生活に戻っていきました。日によって、発作への不安の強さは違いましたが、常に不安はありました。

しかし、広場恐怖がほぼなく、人混みも長時間動けない場所も避けた記憶ありません。それどころか、大好きなアーティストのコンサートにも行けるくらいでした(笑)

私の場合、お医者さまからは軽い方と言われましたが、それでも苦しい日々はあり、お薬を飲んで、光は見えてきたけど治ったわけではない。通院もしていましたが、2回目以降は

先生「最近どうですか?」

私 「特に大きな変化はないです。」

先生「いつものお薬出してきますね。」

といった会話か、

私 「発作が何回かありました。」

先生「お薬の量を増やしてみましょう。」

という、心療時間は長くても5~10分で終了。だんだん私に???が飛び始めました。

そんなモヤモヤを友人に話すと、お医者さんとの相性っていうのもあるから、他の心療内科に行ってみるのもいいかもしれんね」というアドバイスもあり、他の病院を受診しました。

病院を変わっても、お薬は今までの病院とは大きく変わりませんでしたが、私が病気と向き合っていこうと前向きに考えられるようになったという大きな変化がありました。それは、新しい先生との出会いからでした。

以前の病院との違いは、限られた診療時間の中でも、先生が私にちゃんと向き合ってくれてる事が感じられた事。処方せんを出してくれるだけの先生でなく、

・ 発作を起こしやすい要因の回避の仕方や考え方。

・ 発作が起こる前に体がサインを出していることを察知して発作を防ぐこと。

・ 早く治そうと思うより、ゆっくりと自分の病気と付き合いながら治していったらいい。

と、教えてくれました。

私は正直、病院を変えることをすぐにはできませんでした。暗闇に光を与えられた病院への申し訳ないという気持ちからでした。この変に気を遣ってしまうのも、自分で自分にストレスを与えて、発作要因を自ら作っていた気がします。

病院を変えることは、そんなに勇気なんていらないだろうと思われるかもしれないですが、十人十色、私のように勇気のいる人もいるのです。

ただ、私の経験だけでお話すると、病院を変わり、新しい先生との出会いが、自分の病気と上手に付き合うこと、治していく気持ちを持たせてくれた大きなきっかけになったと思います。

病院に行って、お薬をもらって飲んで治すだけではなく、自ら向き合う力をくれる人との出会いが今の私に笑顔が増えたとも言えます。

 

パニック障害経験談コラム1:http://mamasola.net/?p=37320
パニック障害経験談コラム2:http://mamasola.net/?p=37340
パニック障害経験談コラム3:http://mamasola.net/?p=37355

 


【コラムニスト紹介】

中山悦子

<プロフィール>社会にでて、販売員や医療系資格の講師を経て、出産を機に退職。育児をしながらパニック障害を経験し、そこからメンタルについて学ぶ為『上級心理カウンセラー』を取得。それに合わせ、心にも良い働きをするアロマ『アロマテラピー検定一級』を取得。現在思春期の中学生2人と、新一年生になる娘の三児の母。自身の経験が誰かの笑顔を生み、心に寄り添える人になれるよう活動中。
http://s.ameblo.jp/esday918/

編集★ママそら関西 支部代表&ママそら絵本館 館長  津村美乃里(2015.4.21)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/0

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-10-23

    池田美年子さん ママそら「今日の輝くママ」No.976

    「一人で悩まず、パートナーや家族、そして友達を上手に頼る勇気を!」 今日の輝くママは、…
  2. 44399645_1921426317937054_197321453392101376_n

    2018-10-20

    秋冬のお洒落は個性的なデザインが特徴のミナウで決まり!【minau】

    2016年にスタートした、ママそら×ユアーズアーミーワールドによる子ども服新ブランド「minau…
  3. 44383291_216370492411475_5328933780059062272_n

    2018-10-19

    ラジオ2本立て!「キッズモデルに聞く子ども服ミナウの魅力」「絵本作家の活動とは?」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る