「ワンパターン」ママのカメラのお悩み解決4(ママそら関西 選抜コラムニスト)


「いつもワンパターン」ママのカメラのお悩み解決4
(ママそら関西 選抜コラムニスト)

 

「撮るよ!」「こっち向いて!」「ピースして!」
で、「ワンパターンで困ってるんです」。
そりゃそうです、こっち向かせてポーズ指導入ってるんだから(笑)

でもね、私もそうしてますよ。1枚目は。やっぱり、お顔が写ってなくちゃ。

で、安全パイを確保したら、いろんなことにチャレンジ。

ずっとピースばかりじゃ、アルバム貼る時に面白くないでしょ?だからね、将来アルバムを見たときに、そのときの感情を思い出せるように、撮ってます。。

第二子出産が近づいたころの、娘の心境を表した写真。背中から撮ってるのはね、ほんとは、赤ちゃんが生まれることで娘が寂しかったの、知ってたんです。

かわいいのは間違いないみたい。自分のココロは置いといて。

「ママー、赤ちゃんの足から、お酢の臭いがする~」と言ってました。足は確かに、しっかり洗ってなかった。

イチイチお話を考えるのは大変だけど、お顔を写しただけの写真も、工夫すれば楽しくなりますよ。

手で頬を包んだら、思いっきり笑ったり。


大きさを比べてみたり。


財布に入れてみたり。


コップはよくあるよね。


逆さまも笑えます。


小さな手が私を握ってくるところも。

笑った写真が好きだから、ネエネをけしかけたり。


少し大きな子になると、キメ顔でピースばかりですよね。
だから、「撮るよ~」って、言わない。

ピースできない状況のときだけ、「お~い、こっち向いて~」

手を放すと、落ちるし(笑)ピースの代わりに、満面の笑顔で応えてくれます。

写真がいつでも撮れるようになった今、「どんな写真を撮りたいか」っていう意思がないと、「ワンパターン」写真一色になってしまいます。

写真は将来見るためのもの。私が目指すファミリーフォトは、愛されていた記憶を、お子様に「写真」として残すもの。パパママがつらい時、子どもを深く愛している感情を、思い出してもらうためのもの。自分の家族が大切だと感じている日々を、いつまでも残すもの。
だから、カメラ目線は、少しでいいんです。親は、子を見つめていてほしいんです。親に包まれた子どもは、笑顔でいてほしいんです。

写真は、私たちが気づかないうちに、私たちの「記憶」にすり替わります。だから、幸せな瞬間だけを撮りたいんです。

目線の写真も大好きですよ。おすまししてるのも、人見知りして泣いてるのも、もちろん笑ってるのも。幸せな時間が思い出せる写真だったら。

過去シリ―ズ記事
第1回目「子どもがブレます」
第2回目「写真が暗い」
第3回目「写真が暗い②」

ママそら関西2015企画★選抜コラムニスト

【コラムニスト紹介】
ルカフォト 宮川理恵(みやがわよしえ)
写真館の家庭に生まれ、子どものころから「お手伝いといえば写真のこと」。その反動と、樹木や自然が好きなことから、大学は写真とまったく関係のない農学部。進路に葛藤しながらカメラ関係に就職し、結婚を機に、念願だった化学系研究室の仕事に補助で就くものの、休日は撮影の仕事が入る日々。
子どもを授かってようやく、「家族写真」の価値に気づき、子どもやファミリーを自然体で撮る「ルカフォト」を立ち上げる。今では、勤務時代のような撮影方針も制約もなく家族を自由に撮影。スタジオではなく大好きな樹木の下で、親に抱きしめられた子どもの笑顔を、日々カメラに収める。
http://www.rukaphoto.com/

編集★ママそら関西 支部代表&ママそら絵本館 館長  津村美乃里(2015.3.16)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/0

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. クロスえりなさん <韓国>ママそら「今日の輝くママ」NO.1202

    「子供たちとその時その時を思いっきり楽しみ、一緒に成長する!」 今日の輝くママは、韓国にお住いのク…

最近の投稿

  1. C2043CB1-267F-4FC8-BD01-8FD0A2E0D717

    2021-1-13

    加藤早希子さん<愛知県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1295

    「何一つかけていても今はないと思っているのでひとつひとつが宝物です。」 今日の輝くママは加藤早…
  2. 132554504_141660850917776_3895763101752383139_n

    2021-1-13

    中島訓世さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1294

    「あきらめず、自分のことも子供のことも欲張りに生きること!とにかく行動に移しやってみること!…
  3. 126291834_3470859253029640_4550315604711600125_n

    2021-1-7

    大野紘子さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1293

    「ママが笑顔でいること!」 今日の輝くママは大野紘子さん。子育てにお仕事に活動にと個性を活…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る