「マナー」を活かして毎日をよりハッピーに生きる4つのツボ♪③ 馬木あづさ先生


愛あるマナーとコミュニケーション。それは日常をより気持ちよく過ごすお互いのための魔法。今年監修本を出版されたホスニコ馬木あづさ先生のコラムをママそら関西より4回連載でお届けします!
新しい新生活の新しい出会いやスタートに大きな味方になること間違いなしです(*^^*)

第一回:http://mamasola.net/?p=36269
第二回:http://mamasola.net/?p=36293

「マナー」を活かして、毎日をよりハッピーに生きる4つのツボ♪

<その参:「食事タイムはマナーを磨く最適な時間と心得る!」>

みなさん、こんにちは。接遇マナースクールHosnico 馬木あづさです。

「マナー」に対するアレルギー反応が減り、挨拶を始めとする「マナー」を毎日少しずつでも確実に磨いてらっしゃる毎日ではないでしょうか?

今日は、三つ目のツボ「食事タイムはマナーを磨く最適な時間と心得る!」をお伝えします。

先日、監修した本にも書きましたが「食」という字は分解すると「人を良くする」とも言い表せます。

口から摂取する食物が、心身を作りますし、その時間が楽しく温かい空気に満ちていると、心も育ちます。
たとえ、食べるものがインスタントやレトルト、手抜き料理!(笑)。食事を並べるその瞬間まで、「コラ!いい加減にしなさい!」なんて叱っていたとしても、それをいただく時間が、温かで心穏やかにいることで、吸収力も変わるでしょう。

「食べ物を口に入れる」行為は、「人を受け容れる」行為との関係も深いです。

いかがですか?食べ物の好き嫌いは多いでしょうか?
馬木の個人的な見解では、食べ物の好き嫌いがハッキリして、嫌悪感も強い方は、人の好き嫌いもハッキリして嫌悪感も強い気がしますが、いかがでしょうか?(笑)

食事の際は、まず、環境を整えたいですね。テレビはぜひ消しましょう。せっかくですので、家族の会話を楽しみたいですね。スマホも着信があっても無視したいものです。

そして、姿勢を正します

背筋を伸ばせば、食道も縦に真っ直ぐになり、やっぱり肉体的にも良いですね。
「命をいただくぞ」という食物に対する姿勢もここで確認したいものです。

そして、その気持ちをこめ、作ってくれた方にも感謝をこめて「いただきますです。
手を合わせるかどうかは、地域性などにもよるようですので、ご家庭でお決めになってよいと思います。

そして、箸使い。日本人なら心得ておきたい2つのマナーの一つです。もう一つについては、またの機会にお伝えできたらうれしいですね。

正しく箸を持てますか?持てているつもりで、なんだか少し違う方も多いので、見直してみませんか?
正しい箸の持ち方が、一番使いやすいです。

食事は、「食欲」を満たす行為でもあるので、人の品格が如実に垣間見えます。

わかっていても、ついうっかり普段していることが出るので、怖いところです。
一緒に食事をする人も気持ちよくいただける食事のいただき方を、毎日の食事を通して意識したいですね。
何より楽しく食事をいただきたいですね♪


恥をかかない! 人前で失敗しない食べ方のコツ84
監修:馬木あづさ《接遇マナー研修講師》
http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=82178

【コラムニストプロフィール】
馬木あづさ
埼玉県出身宝塚市在住。慶応義塾大学文学部人間関係学科卒。卒論テーマは、『現代日本家族における個人化の傾向』。
関西の迎賓館といわれるリーガロイヤルホテル大阪(中之島)にて、国内外のVIPをアテンドするゲストリレーションズや、ブライダルプランナーなど経験。結婚、出産、ライターなどを経て、2011年  Hosnico設立。ホテルで体感したホスピタリティ、マナー、笑顔を未来を担う子どもや家庭に広めたいと、ママを応援。コミュニケーションマナーを学び、再就職するレッスン「プリティウーマンレッスン」 を実施。学生や大阪市職員研修、ホテル探検会、親子テーブルマナー教室、接遇マナー研修など多方面で活躍中。

編集:ママそら関西 支部代表&ママそら絵本館 館長 津村美乃里(2015.3.19)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 83325440_3464272553613964_5066356942918647808_n

    2020-2-19

    岡崎真子さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1187

    「いい意味で「良い加減」を意識すること。」 今日の輝くママは整体師・アロマセラピストと…
  2. 2020-2-18

    徳橋美歩さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1186

    「どうせ無理だから…と、自己完結しないで家族や大切な人たちに話してみる。」 今日の輝くママ…
  3. 85162186_651637315612877_5062230523024244736_n

    2020-2-14

    こども未来館ラジオ【教育が変わる2020年、これからどうなるの?】

    【教育が変わる2020年、これからどうなるの?】 ママそらラジオColorful Styl…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る