はまぐりで作ったオリジナル貝合わせで遊ぼう【子どもの心を育む遊びのヒント】


はまぐりで貝合わせを作りましょう♪

もうすぐ3月3日、雛祭りですね。
我が家は男の子なので、雛人形を飾ったりはしませんが、桃の花を生けるなどして桃の節句をお祝いしています。

雛祭りのご馳走と言えば、ちらし寿司にはまぐりのお吸い物、白酒、菱餅、雛あられ。はまぐりをいただくのは、はまぐりは対になっている貝殻でなければぴったりと合わず、そのため仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められているため。

そしてそのはまぐりの貝殻を使った遊びが、平安時代から伝わる貝合わせです。貝合わせはもともと、貝殻そのものの美しさを競う遊びだったようですが、その後貝殻の内側に歌や絵を描きそれを伏せて並べ対を探す“貝覆い”となり、今ではこのトランプの神経衰弱に似た遊びを貝合わせと呼ぶようになったようです。

そこで今回は、はまぐりを使って作るオリジナル貝合わせをご紹介したいと思います。

2~3歳の小さなお子様の場合は同じ模様を描き当てっこするゲームがおすすめです。
※昨年は息子が2歳のときに作って遊んだ神経衰弱についてご紹介しています。
こちらをご覧ください↓↓
「雛祭りには手作り“貝合わせ”で親子遊び」

今年(息子5歳)は少し変わった貝合わせを作ってみました。

まず用意するものは、大きめのはまぐり5個以上(できるだけ同じ大きさ、同じ柄を選びます)、油性ペンまたはアクリル絵の具。

はまぐりは中身を美味しくいただき、殻をきれいに洗います。重層で洗うとにおいも落ちますよ。

対になる貝殻を揃え、内側に絵を描いていきます。今回は息子とどんなペア(マッチング)が良いか話し合いました。
すると、「動物」と「その動物の住むところ」、または「食べ物」でマッチングを作りたいとのこと。つまり、対になった貝の一方にウサギの絵、もう一方に人参の絵というように。

どんな生き物にするのか、その生き物はどこに住んでいるのか、何を食べているのかなどを話しながら絵を描いていきました。

そうしてできあがったのがオリジナル貝合わせを全てを伏せ、神経衰弱の要領でペアになる貝殻を当てて遊びましょう。

貝の表面の模様ですぐに分かってしまうのではと思いましたが、意外にもそんなに簡単に合いません^^

雛祭りではまぐりが手に入ったら、ぜひ親子で制作してみてくださいね。

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
ピープルビヨンド株式会社 取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2019-1-22

    キカート結佳さん〈ドイツ〉ママそら「今日の輝くママ」No.1014

    「一番近くで手助けしてくれる夫にありがとうと言うこと」 今日の輝くママは、ドイツハンブルグ…
  2. 50514848_307267963232443_5847395457206059008_n

    2019-1-21

    新聞って本当に面白い?! 斎藤工さんが新CMに登場する話題の新聞をリサーチ!

    *ママそらPR企画* みなさん、新聞って読んでいますか? 昔は、情報収集源と言えば「新聞…
  3. 2019-1-21

    堺市なかもず子ども食堂つなぐば<大阪府>ママそら「子育てコミュニティ応援企画」No.4

    「子どもさんだけでなく親子、ご家族でホッコリできる場として遊びにきていただけたら嬉しいです」…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る