「写真が暗い」ママのカメラのお悩み解決2(ママそら関西 選抜コラムニスト)


ママ向けカメラ教室であった質問ベスト5.
「写真が暗い」

★ママそら関西選抜コラムニスト 第一回目「子どもがブレます」
神戸のファミリーフォトカメラマン、ルカフォトの宮川理恵です。
昨年夏に第二子を出産し、あふれる親バカ感を漂わせながらカメラワークを続けています。

 

ママさんの声で、「キレイに撮れないんです」といわれる原因の大部分は、「写真が暗い」こと。

簡単にいうと、ケースは2つ。今回のコラムは、その1つめについて、語ります。

①「ちょっと暗いけど、まぁいっか」っていうパターン。

なんだか暗いですね。この程度なら、「露出補正」ボタンで明るくできますよ。

明るくなったでしょ? 基準は、人の顔色です。

私が写った写真はギリギリまで明るく写して、シワを飛ばし、クスミを飛ばし、目のクマを飛ばし、、、さらに、あの手この手を使います。

カメラには、こんなマークで書いてるのが多いですよ。

え、めんどくさい?あの手この手はしないでいいけど、露出補正ボタンを使うと、格段に写真がよくなりますよ。

メーカーによって記載が異なるので、自分のカメラだけ、ボタンを発見しておいてくださいね。

ボタンの場所もカメラによるけど、よく使うものだから使いやすい場所にあってほしいなぁ。

そうそう、忘れてた! 撮影モードが「全自動(かんたん撮影モード、みたいなヤツ)」の場合、露出補正機能がロックされて動かないカメラもあります。

「全自動モード」を解除するとキケンなアナタ!

「プログラムオート(Pモード)」が、フラッシュや露出補正以外はオートで動いてくれるので、使いやすいかもですよ(責任は取れません)。

露出補正さえ覚えておくと、「シワが気になる~」と写真に入らないママも、大丈夫!!パパに「露出補正多めによろしく」と伝えて、ガンガンお子様と写真に入りましょう。

子どもにとって、ママと一緒の写真はとっても大事。反抗期が来たって、結婚したって、その写真は大切に残されます。

さて、次回も「写真が暗い」の続きだけど、「露出補正」では救えないときは、どうするか。

こんな残念な写真の対処法を、つづります。

(2015.3.2)

ママそら関西2015企画★選抜コラムニスト

【コラムニスト紹介】
ルカフォト 宮川理恵(みやがわよしえ)
写真館の家庭に生まれ、子どものころから「お手伝いといえば写真のこと」。その反動と、樹木や自然が好きなことから、大学は写真とまったく関係のない農学部。進路に葛藤しながらカメラ関係に就職し、結婚を機に、念願だった化学系研究室の仕事に補助で就くものの、休日は撮影の仕事が入る日々。
子どもを授かってようやく、「家族写真」の価値に気づき、子どもやファミリーを自然体で撮る「ルカフォト」を立ち上げる。今では、勤務時代のような撮影方針も制約もなく家族を自由に撮影。スタジオではなく大好きな樹木の下で、親に抱きしめられた子どもの笑顔を、日々カメラに収める。
http://www.rukaphoto.com/

編集:ママそら関西 支部代表&ママそら絵本館 館長 津村美乃里(2015.3.2)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/0

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 23795277_1533862670023606_2748287838241996187_n

    2017-11-24

    「ワーキングママのリアル時短生活術と簡単美味しいスピード料理教室」 開講報告〜キャリアデザインOSAKA(キャデオ)〜

    キャリアデザインOSAKA(キャデオ)は大阪の若者と女性の就職を応援する大阪市のプロジェクトです。マ…
  2. img_0348.jpg

    2017-11-24

    小高 律子さん ママそら「今日の輝くママ」No.814

    「どれも完璧になんてできないし、やらなくていい。」 今日の輝くママは、小高律子さん。 人…
  3. 2017-11-23

    山口香織さん ママそら「今日の輝くママ」NO.813

    「自分が楽しい!!ワクワク出来る自分を見つける事」 今日の輝くママ山口香織さん。自分が楽し…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る