子連れ引越しをスムーズに【転勤族の妻の引越し術 vol.3】


【転勤族の妻の引越し術 vol.3】子連れ引越しをスムーズに

ママそら読者の皆さま、こんにちは!
全国の転勤族の妻&海外の駐在員の妻による、地域活性化イベント企画グループ「転妻広報大使~TKT48~」主宰の奥田美和です。

前回までの【引越しは「気持ち」の整理から】【引越しは「片付け」のチャンス!】に続き、今回は「子連れ引越し」のポイントについてお届けいたします。


子連れでの引っ越しは考えただけでも憂うつ。
少しでもスムーズにできるように準備しましょう。

まず、引っ越し先は何を優先して物件を探すか?
駅からの距離?勤務先からの距離?学区?間取り?日当り?公園の有無?

学区が絡む転校先や転園先は、そのお宅の教育方針やお子様の性格があるので、学校の環境や規模や制服の有無など、夫婦であらかじめ話し合っておくことが大切です。

引っ越し先でスムーズに日常生活に入るためのポイント

役所の手続きは必ず朝一に!

3月4月の引っ越しハイシーズンに限らず、役所は混み合います。
ハイシーズンは何のイベントですか?っていうくらい、待ち合いの席もなくなり、手続きに数時間待ちになることもあります。

子育て家庭だと、乳幼児医療の手続き、児童手当の手続きもしなくてはいけません。

最寄りの役所の場所と交通手段、開庁時間をあらかじめ調べておき、洗濯物や朝ご飯の片づけなどをほったらかしてでも15〜30分前には到着しておき、番号札をとって必要書類も記入して待った上で手続きをすることをお勧めします。

子供は待てません。子供も大人もストレスなく手続きを終えましょう。

荷解きのポイント

小さな子供さんがいれば、荷物の搬入時も危なくならないか心配です。

引っ越し先のお部屋の一角にできるだけ早い段階でおもちゃなど遊べるものやおやつを広げられるスペースを確保しましょう。

すぐに出せるようにレジャーシートやプレイマットとおもちゃをセットにしておいて、新しい場所でピクニック気分にしてしまうのも楽しいかもしれません。

小学生以上のお子さんがいらっしゃるところでも、安心してゲームしたり漫画を読んだり、おやつを食べたりできるスペースをできるだけ早く確保することは大切です。

入居後は精神的にも不安定になり、疲れます。
小さくても安心して好きなことができる場所を作ってあげましょう。

買い物に行かなくても2〜3日過ごせる工夫を

生鮮、冷凍食品は引っ越し前に使い切って引っ越ししなければなりませんが、普段使っている調味料、パスタ、常温で保存できるレトルト食品などは引っ越し前に多めに買って荷造りすることをおすすめします。

新しい環境でまず困るのは買い物。

近くにスーパーがあっても、慣れていないスーパーでどこに何が置いているかがわからない場所で買い物をするのはとても時間がかかり、子供を連れているとなおさらストレスです。

レンジさえあればできるもの、お湯さえあれば食べられるものがあるだけで助かります。

引っ越しは、大人も子供も精神的に疲れて不安定になりがち。

手続きだけ早めにすませたら開梱は後回しにしても、歩いていける近くの小さな公園で遊ばせたりして、近所の散策がてら親子で気分転換しましょう。

【文責:TKT48引越部 副部長 服部友美子】
服部友美子(はっとりゆみこ)助産師、ライフオーガナイザー、TKT48岡山県非公認広報大使
独身時代から数えて計9回の引っ越しを経験。一男二女の母で転勤族の妻。
http://ameblo.jp/rano3333/


3回に渡りお届けしてきた「転勤族の妻の引越し術」、いかがだったでしょうか。

引越が決まると色々とやらなければいけないことが多いのですが、ママそらにもTKT48にも、全国の転勤族の妻が参加しています。

わからないことや不安なことがあれば、各グループ内で、先輩転妻や引越し先にお住まいのママに気軽に質問してみて下さいね。

関連記事>>>

 【引越しは「気持ち」の整理から】

【引越しは「片付け」のチャンス!】

「転妻広報大使~TKT48~」FBページ
https://www.facebook.com/tenkinzoku.net

転勤族のためのポータルサイト「転勤族ねっと」
http://www.tenkinzoku.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥田 美和転勤&ITコンサルタント、産業カウンセラー

投稿者プロフィール

海外駐在員の娘(帰国子女)から全国転勤族/タイ駐在員の妻へ。
夫の転勤等で6回引越し&9回転職し、大企業から零細企業まで5業界11社、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・個人事業主を経験。

2014年から「ワークスタイル・クリエイション」として起業し「女性の新しい働き方」を創出している。
地域活性化イベント企画グループ「転妻(てんつま)広報大使~TKT48~」(さいたま市市民活動サポートセンター登録団体)主宰。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 82854923_466079227402180_5819566504374435840_n

    2020-1-17

    こども未来館ラジオ【誰ともかぶらない個性的な生き方の演出】

    【誰ともかぶらない個性的な生き方の演出】 ママそらラジオColorful Style La…
  2. 82035870_2646949888729146_5228642578550751232_n

    2020-1-17

    岡田愛美さん 〈東京都〉「ママそら」今日の輝くママNo.1174

    私にとって、ママ友はまさに同志であり、戦友であり、心のよりどころです。 今日の輝くママ…
  3. collage_photocat4

    2020-1-16

    西宮市 女性起業家ステップアップセミナー開催!《無料託児付き 》

    無料託児付き 女性起業家 ステップアップセミナー2/20開催! 2月20日(木)西宮市商工課主…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る