「子どもがブレます」ママのカメラのお悩み解決1(ママそら関西 選抜コラムニスト)


「子どもがブレます」ママのカメラのお悩み解決1
(ママそら関西 選抜コラムニスト)

ママ向けカメラ教室であった質問ベスト5.
「子どもがブレます」

カメラ教室で最も多い質問5つを写真付きで解説していきますね。

とっても多いのは、「写真がブレる」。


これは「手ブレ」


これは「被写体ブレ」

さて、あなたの写真が「ブレてしまった」ときは、上の写真のどちらでしょうか。

1番の写真は、もってる人の手が、ぶれちゃってます。カメラマンは、手が震えていたんでしょうか。眠たかったのかもしれないですね。

2番の写真は、ベビーの手だけブレてます。

これは、このベビーが相当すばやく腕を振ったのかも。ハンドボールの選手にしなければ。

F1レースでも写真に撮れるのに、ベビーの腕がブレるのは、どういうことでしょうね。

真面目に解説します。

1番について。
まずは、しっかり構えましょう。

それでも、ダメ?

じゃ、フラッシュをたいてみましょう


「写真、暗っ」

(フラッシュの使い方は、おいといて)

フラッシュに頼るのやめて、三脚使うか、、、というのは、アナログ時代。

さて、デジタルカメラのいいところ。

あなたのカメラのイソ感度(ISO)は、いくつの設定になってるでしょうか。
「ISO」というボタンを使って、数字をあげちゃってください(携帯カメラは自動です)。

手ブレが、マシになるのではないでしょうか。

ただし、「ISO感度」は諸刃の剣。

画質の劣化と引き換えに、暗いところでも撮れるようにしてくれるので、手ブレしなければあげなくていいですよ。

どのくらい劣化するって?そこが、各カメラの能力。よく、売り文句になってるでしょ?「高感度でもキレイ」とか。
ISOをあげて撮ったときは、写真のザラザラ感を、意識して見てみてくださいな。


これなら、ベッドでベビーがこけた瞬間も、足をサッカー選手バリにバタバタさせても、少しはブレずに撮れるんじゃないでしょうか。

「すでにISOの数字高いんですけど?」
「ISOオートになってるんですけど?」
っていう、あなた。

お持ちのカメラのISOでは対処できないほど、そのとき暗かったようです。移動できるなら、明るい窓際で撮りましょう。時間を選べるなら、昼間に撮りましょう。暗い写真になるかもしれないけど、フラッシュをたきましょう。

そのカメラの能力に、付き合ってあげてください。


お子様をたくさん撮ったら、誰かにお願いして、お子様とのツーショットも撮っておいてくださいね。お子様の写真は親のものですが、親子の写真は、お子様の生涯の宝物になります。

いつかお子様が大きな壁にぶつかったとき、「愛された記憶」が、乗り越えるチカラをくれるハズ。

(2015.2.25)

 

ママそら関西2015企画★選抜コラムニスト

【コラムニスト紹介】
ルカフォト 宮川理恵(みやがわよしえ)
写真館の家庭に生まれ、子どものころから「お手伝いといえば写真のこと」。その反動と、樹木や自然が好きなことから、大学は写真とまったく関係のない農学部。進路に葛藤しながらカメラ関係に就職し、結婚を機に、念願だった化学系研究室の仕事に補助で就くものの、休日は撮影の仕事が入る日々。
子どもを授かってようやく、「家族写真」の価値に気づき、子どもやファミリーを自然体で撮る「ルカフォト」を立ち上げる。今では、勤務時代のような撮影方針も制約もなく家族を自由に撮影。スタジオではなく大好きな樹木の下で、親に抱きしめられた子どもの笑顔を、日々カメラに収める。
http://www.rukaphoto.com/

編集★ママそら関西 支部代表 津村美乃里


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそら関西 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai
★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

★ママそら絵本館Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasoraehonkan
★ママそら 絵本館 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/0

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 26903665_1594609197298666_7183847371031978634_n

    2018-1-19

    大阪市 子育て中のしごと応援!「仕事と家庭の両立と育休後の賢い仕事術」開催報告〜キャリアデザインOSAKA(キャデオ)〜

    キャリアデザインOSAKA(キャデオ)は大阪の若者と女性の就職を応援する大阪市のプロジェクト…
  2. 婚活

    2018-1-19

    奇跡の仲人!1回のイベントでカッブル成立率60%の池津さんに聞く結婚の現状とこれから

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…
  3. 古越

    2018-1-19

    古越 亜佑美さん ママそら「今日の輝くママ」No.843

    「何事も全力で楽しむ!やりたいと思ったことはチャレンジ!自分を信じて行動する!」 今日…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る