齋藤瑞穂さん ママそら「今日の輝くママ」 No.374


「子どもを愛し、大事に育てると、全部後になって自分に返ってきます。」

今日の輝くママは齋藤瑞穂さん。

アメリカで5年間暮らした経験を持ち、アメリカ流子育てと日本流子育ての良いとこ取りを実践している、齋藤さんからのメッセージをお届けします☆

【名前】齋藤 瑞穂(さいとう みずほ)

【お住まい】東京都浅草

【子ども】
高校1年生(16歳)と小学6年生(12歳・4月から中学生!)の2人の男の子がいます!

【職業】

・ コミュニケーションアドバイザー
・キャリアカウンセラー

【最近嬉しかったこと】
昨年の夏、私の青春期を過ごした場所を息子たちに一目見せたくて、息子二人を連れてアメリカに3週間旅行に行ったこと。大好きなアメリカを、愛する息子二人と旅行できたことは、私にとってかけがえのない時間で、とても嬉しかったのです。

アメリカで私たちは、それぞれのご家庭にホームステイをして6州を渡り歩いたのですが、皆とても歓迎してくれ、素敵な場所へ「これでもか!これでもか!」ってほど連れていってくれ、楽しいイベントを開いてくれたりして、本当に楽しい日々を過ごしました。息子たちも相当楽しかったらしく、帰りの便(飛行機内)では、思わず泣いてしまっていました(笑)。

日本に帰国後も友人たち、アメリカでの家族との想い出を胸に、今仕事頑張ってマス!次に会えることを、楽しみにして…!

【輝くママの秘訣】
とにかく自分の「好き!」を仕事にすることです。そして自分にとって大切なものや価値観を再確認し、それを大切にしていくことです。

「好き!」を仕事にすると、情熱やエネルギーがそこに入りますので、自分でも毎日充実した日々を過ごせますし、人からも興味を持たれ、また、自分をサポートしてくれる人が増えます。これは、とっても不思議な現象です!

また、私の価値観は「愛・家族・ミッション」と思える仕事であり、これを自分の「軸」に置くと面白いほど物事が明確に見え、素敵な方向に進んでいきます。

自身が努力をし続け、また自然と周りからのサポートも多くなり、私の人生は輝くようにまわっています。

【住んでいる街の好きな所】
浅草に住んで17年になるのですが、浅草(下町)が大好きです!それは、浅草がうま~く日本の歴史と近代性を感じさせてくれる場所だからです。

雷門から入り、仲見世を歩いていき浅草寺に辿り着くまでに、たくさんの歴史と日本の情緒が見られます。浅草にはとても歴史のある場所がたくさんあるのです!

また多くの老舗レストランがあり、自称グルメの私には鼻がクンクンいっちゃう素敵な場所です。

そして、浅草のもう一つ好きなところ。それは、気取らない文化。知らない人にも、平気で話しかけてくるこの文化!知らない店主でも、「おばちゃん、ごめんね~!よろしく~!お願いね~!」などと声をかけると「あいよ!」と言って、答えてくれる素敵な浅草の人達…。

こんなとこ、全部ひっくるめて大好きです!

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
とにかく、お子さんを大切に!子どもを愛し、大事に育てると、全部後になって自分に返ってきます。

私は、子育てを仕事よりまず優先してきましたので、「一番頑張った仕事は子育てです!」と言えるくらいの自信があります。

私は長らくアメリカに住んでおりましたので、アメリカ流子育て術にかなり影響を受け、良いところは真似し、悪いところは自分流にやってきました。

特にアメリカで好きな考えの一つに「家族はチーム」、という考えがあります。

ですので、斉藤家では時々必要なときに(例えばケンカしちゃった時とか・笑)「斉藤家家族ミーティング」を開いて、お互い思っていること、お互いに対する要望や不満も伝え合ったりして今後の家族関係を向上することに努めています。でも、決して堅苦しくなく楽しくやっているんです♡

また、二人の子どもには物心ついた1歳半くらいのときから彼らの意見を尊重し、お菓子一つ選ぶのでも、「これとこれ、どっちがいい?」と彼らの主体性を大切にしてきました。

彼らは今、高一と小六になりますが、二人ともしっかりと自分の意見を述べ、自分を持ち、自尊心の高い男の子に育ちました。おまけにとても素直で人のことを愛することができる、私たち親も尊敬できる存在となってくれました。

ですので、子育てを大切にしていただきたいのです。子どもが小さいうちは、自分を取ることより、まず子どもです。

家族療法の第一人者の先生が以前、参加した講座で言っておられましたが、「子育てと自己実現とは相反する場所にある」と。私も、自身子育てをして、本当にそれを強く感じてきました。だから、たくさん泣きました。保育園の園長先生たち、保育者達にたくさんなぐさめられてきました。私は、自己実現欲求がかなり高い人間だったからです。仕事もバリバリとしたかったからです。

でも、今は、自分を優先しなくて本当に良かったと思います。かといって、自分を全て押し殺すことはないのです。私もしてきましたが、『プチ起業』とか『ワークライフバランスの取れるお仕事の仕方』を編み出している若いママさん方、たくさんいて、私は心から応援しています。子どもを、子育てを大切にしつつ、自分も大切にする。このバランスが大事なのですね。

そして、もう一つ。子育てって人生の大事業ですよね。一人の人間を、その人格形成を育てるのですから…

つらいこといっぱいあると思います。そういう時は、周りに、素直に「助けて!力を貸して!」と発信していくのが肝心です。それは、保育園や幼稚園であるかもしれません。親や、義父母であるかもしれません。または、ベビーシッターさんや、ママ友かもしれません。

子どもは、たくさんの人に見守られて育つのです。

ですので、どうか自分一人で全て背負わないで欲しいです。私も、二人の子どもを、自身の手で育ててきた!という強い自負はありますが、でもその過程で、たくさんの人達からのサポートを得ています。ですので、子ども達にも、「あなた達は、たくさんの人に支えられて育ってきたんだよ。」と伝えています。

どうか、子育てを大切に。そして、迷った時、不安になった時、どうしようもなくなった時には、私に言ってきてください。子育てカウンセリング、誠意を持っていたします。あなたを全力で、サポートします。

【目標・活動など】
私は、2つの軸を持って、仕事をしています。

一つは、女性のためのライフ&キャリア・カウンセリング。もう一つは、コミュニケーションに関わるお仕事。大学院で、コミュニケーションについてみっちり学び、日本に帰っても、カウンセラー歴13年となりますので、カウンセリングの勉強と共に、切っても切り離せないコミュニケーションをたくさん学んできました。

また、今でもスキルアップのために、NLP(新たなカウンセリング分野)を勉強するなど、クライアントさんへのサービス向上のため、自身のプロフェッショナルとしての高い品質を保つため学び続けています。

世の中の一人でも多くの方が、少しでも納得した幸せな人生を生きられるようサポートするために、5年後くらいには今の仕事を法人化する予定です。そう!会社を立ち上げるのです!

その準備のため今コツコツと動いていますが、私の当面の目標は今の事業を法人化するということにあり、毎日一生懸命働き努力しています。

 

斎藤瑞穂さんホームページ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/4567

ライター:東京支部 長友みづえ(2015.2.24)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 23795277_1533862670023606_2748287838241996187_n

    2017-11-24

    「ワーキングママのリアル時短生活術と簡単美味しいスピード料理教室」 開講報告〜キャリアデザインOSAKA(キャデオ)〜

    キャリアデザインOSAKA(キャデオ)は大阪の若者と女性の就職を応援する大阪市のプロジェクトです。マ…
  2. img_0348.jpg

    2017-11-24

    小高 律子さん ママそら「今日の輝くママ」No.814

    「どれも完璧になんてできないし、やらなくていい。」 今日の輝くママは、小高律子さん。 人…
  3. 2017-11-23

    山口香織さん ママそら「今日の輝くママ」NO.813

    「自分が楽しい!!ワクワク出来る自分を見つける事」 今日の輝くママ山口香織さん。自分が楽し…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る