近藤えりさん ママそら「今日の輝くママ」 No. 353


「自分を信じて、いつも一生懸命な自分でいること。」

今日の輝くママは近藤えりさん。近藤さんにとって娘さんは、育児というより、親子というより、一緒の時を生きている大切な人だそう。今日は、近藤さんからのメッセージをお届けします☆

【名前】
近藤えり(こんどうえり)

【お住まい】神奈川県鎌倉市

【子ども】
6歳の娘1人
3歳の頃からセドナへ石の買い付けに母娘2人で行っていました。

【職業】
・お絵描き教室「パステルランド」主宰
・絵本作家
・写真作家
・PEC KID‘S 代表

【最近嬉しかったこと】
いろんなことが起こる毎日。

そして、昨年9月に絵本が出版され、たくさんの方に届いたこと。
今年の出版も決まりました!

【輝くママの秘訣】
自分と自分の人生が大好きであること。

【住んでいる街の好きな所】
自然がいっぱいなところ。ほーちゃん(娘)がいれば、どこでもすぐに大好きな場所になる気がします。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
自分自身のことを、大好きになって こうしたいと思ったことを、できることから始めて
行きたいと思ったところに行って 逢いたいと思った人に逢いに行って
いつ最後のときが来たとしても、生ききったと思える日々を送り
かっこわるくたって、きれいでなくたって たとえ間違ってると言われたとしても
自分を信じて、いつも一生懸命な自分でいること。

たくさん笑って、たくさん泣いて、本気で生きること。

人生は一度きり。

わたしは娘と出逢えたことで、世界が広がりました。
育児というより、親子というより、わたしにとって娘は一緒の時を生きている、大切な人です。

【目標・活動など】
いろんな「やってみたい」をかたちにしていったら、この4つが今のわたしの活動になりました。
一見バラバラなようで、4つには共通点があります。

それは、子ども。

特に意識をしていたわけではないのですが、今はどこをむいてもそこに行き着くようです。


・お絵描き教室「パステルランド」

もともとイラストレーターをしていて、ずっと絵に携わっていました。
ただ、こちらは子どもたちに絵を教えようと思ってはじめた教室ではなく、子どもたちの「楽しい」を伸ばしたくてはじめた教室でした。なので、途中から「教室」ではなく、ランドのほうがしっくりくると思い「パステルランド」と呼ぶようになりました。

「人は生まれてきたときから完全で、何が足りないということは決してありません。子ども達に教えることは本当は何もなく、ただ 大人が子ども達にできることは、幸せであることに気づける感性を育てること。

それは誰かと比較してではなく、自分自身がすでに、何かを足さなくても満ちたりていること。

ありのままの自分に自信を持ち、日々の生活を豊かに、健やかに送れること。
それに気づける子ども達を増やすことが、これからの未来に一番大切なことではないかと思っています。」
通常のお絵描きだけではなく、展覧会や、お泊りお絵描き、野外お絵描きイベントなど色々な企画をしています。

春以降、出張お絵かきをする予定で、訪問先を募集しています。関東だけでなく、地方でも、どこでも伺いますので興味のある方がいましたら、連絡をください。

・絵本が出版されました。

『なんにだって なれる ぼく』(近藤えり・絵と文)
至光社 月刊絵本「こどものせかい」2014年10月号
発行日 2014年9月4日
発行部数 31,000部
定価 370円(消費税込み)

「未来は自分で創っていくことができる。未来はひとつに決まっていないし、どんどん自分で変えていくことができる。わたしたちは、どんなものにもなれるし、どこへだって行ける、無限の可能性を持っている。絵本のなかのぼくと一緒に、自分の中にある輝く世界への旅にでかけましょう!」

幼稚園に送られる年間購読の月刊絵本なのでばら売り購入は通常できませんが、連絡をいただければご購入いただけます。

・写真作家活動

娘と2人、セドナへ石の買い付け旅をするようになってから、商品だけでなく娘の写真を撮るようになりました。そこに言葉をつけて、物語のように仕上げてFBやブログにアップしていたら、撮影の依頼が少しづつ来るようになりました。

昨年秋からはペット事業の方と一緒に、写真絵本を創るプロジェクトが始まりました。個人の撮影依頼も受け付けています。

FBやブログにパステルランド・絵本のこと・写真作家活動の様子がアップされています。

・PEC KID‘S

自由人であり、作家である高橋歩率いる世界を舞台に共に遊び、学び、冒険する仲間『PLAY EARTH CLUB』通称PEC。子育てをしているPECメンバーから生まれたのがPECKID‘Sです。

子どもを主体とし、子供達にずっと、大切なものを忘れずに育っていってほしい。大人になってもずっとずっと自由に生きていってほしいという想いのもと「地球を遊ぼう」をテーマに普段味わえないような旅やイベントを思いっきり楽しむ様々な活動を展開しています。

大人になっても本気で遊び、好きな事でご飯を食べ、自由でパワフルに子どもたちが育って行くように、「何でもできるとしたら何がしたい」を常に問いかけ、夢や想像を自分たちの力で仲間と共にリアルにしていくことを目指しています。ときには子どもだけではなく、親も子どもも一緒になって遊ぶイベントや、親だけのイベントも企画します。
子どもは大人の本気の背中を見て育ちます。遊ぶときも、いつも本気で!!

PECKIDS facebookページ
https://www.facebook.com/wakuwaku.peckids?fref=ts

ライター:東京支部 長友みづえ


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 70045669_2392559850834819_1693813863205568512_n

    2019-9-20

    三田しのさん 〈東京都〉「ママそら」今日の輝くママNo.1121

    自分がやりたいこと、熱中できること、夢中になれるものに時間やお金を割くこと 今日の輝く…
  2. image

    2019-9-19

    森山真衣さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1120

    「自分を大事にし、笑顔を忘れずキレイで輝いていたいと思うこと」 今日の輝くママは森山真衣さん。…
  3. 70710987_414237825893608_6929392324313088000_n

    2019-9-18

    【プログラミングのプロに聞く、これからの将来】

    【プログラミングのプロに聞く、これからの将来】 &…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る