子どもと一緒にお料理を楽しもう!【子どもの心を育む遊びのヒント】


 

料理はコミュニケーションの場♪

 
家事に、育児に、そして仕事に…… ママはいつだって大忙しです。
家族の食事を作る時間だって一分、一秒でも無駄にしたくありませんよね。
もしそんなとき、お子様が、「ママ~、遊ぼう~!」と言い始めたらどうしましょう? もちろん、子どもひとりで遊ぶことも多いでしょう。でも、せっかくなので、ここはお子様と一緒にクッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
息子は、1歳のころ、ご飯をよそうことが好きになりました。
 

 
うまくお茶碗に盛れなかったり、左手で支えきれず、床に落としてしまったり……  最初はママの負担が増えることもあります。ですが、子どもが「お手伝いできた~!」と達成感を得ることができるこの機会を逃さない手はありません。ちょっと失敗しても、お手伝いしてくれたときにはたくさん褒めます^^
 
親子クッキングレッスンに最年少で参加したことも。
 

 
料理を一緒にすることは親子のコミュニケーションにつながります。
また、調理中に発生するあらゆる事態に対応を迫られるのも、子どもにとってはおもちゃで遊ぶこと以上に刺激的な体験です♪
 

 
2歳になると、ハンバーグ作りにも挑戦してもらいました。ハンバーグが何からできているのかとか、どうやったら丸くなるのかとか、どのように空気を抜くのかとか、たくさんお話ししました。
 
火や包丁など、キッチンには危険もたくさん。
でも、それを避けるだけでは子ども達は“危険”を学ぶことができません。ガスは大人と一緒でないと使用してはいけないこと、包丁は指も切れてしまうこと、そういった危険を、ひとつひとつ説明していきました。
 
そのためにも、本物の包丁を用意。子ども用の可愛い包丁があるので便利です。
 

 
まずはバナナなどからカットすると良いのではないでしょうか? 最初は包丁の持ち方も切り方もぎこちないのですが、そこは見守りつつゆっくりと教えていけば良いのかな。
 
卵を割るのはかなり技術がいりますよね。(笑)
力の加減とか、タイミングとか。
何度も失敗しましたが、繰り返すとコツを掴むようで、だんだんとじょうずに割れるようになれますよ。
 

 
料理をすることで“技術”も身に付きますが、それ以上に大切なのが親子のコミュニケーション。食に対する興味がわき、さらにその食材、作られた場所、作った人……と、話題はどんどん広がります。
 
子どもにとって料理は遊びの延長。 年齢や興味に応じて、お子様が「やってみたい!」と思う工程でお手伝いをしてもらうのはいかがでしょうか? 楽しめて学べてコミュニケーションが育める親子クッキングはおすすめです。そして、きっと将来は、ママの代わりに料理をしてくれる戦力になるはずです♪
 
…………………………………………………………………

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

…………………………………………………………………

黄野いづみ
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
HP  http://www.twinklekidsstar.

Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

…………………………………………………………………
【子どもの心を育むHappy Project】 
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPYに!!」をテーマに、遊びや体験を通して知徳体を学ぶ環境を考え提案するプロジェクトです。
「子どもの心を育む遊びのヒント」、「親子で楽しめて役立つニュース」、「心豊かで自分力のある子ども(グローバルキッズ)に育てるポイント」、「子どもの心を豊かに育むアイテム」などをお届けします。
 
★Facebookページにいいね!をお願いします。★
https://www.facebook.com/kidsstarjapan
 

【子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)のご案内】

子どもが遊びや体験を通して様々なことを学んで心を育める環境を一緒に作っていきませんか?
子育て中のパパ・ママはもちろん、子どもの教育に携わっていらっしゃる方、子どもの健康や育児に関心のある方、未来を担う子ども達に何か残してあげたいと感じる方であれば、男性、女性、既婚、未婚問いません。
ぜひ、プロジェクト(グループ)にご参加ください^^
 
ここハグ メンバー募集!
グループ参加はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/groups/kokohug/

 

…………………………………………………………………

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。2010年生まれの男の子のママ。

★Facebookページ 子どもの心を育むHappy Project 
https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2017-7-27

    城野美鈴さん ママそら「今日の輝くママ」No.743

    「好きなことを全力でやっています!」 今日の輝くママは城野美鈴さん。私もこれだ!と思えるも…
  2. ishii

    2017-7-26

    石井 貴子さん ママそら「今日の輝くママ」No.742

    「決して順風満帆とは言えなかった時代もありましたが『あきらめない!!』気持ちが大事だと思いま…
  3. 1

    2017-7-25

    結城実喜さん ママそら 「今日の輝くママ」No.741

    「自分のための時間と、人のための時間をもつこと」 今日の輝くママは、結城実喜さん。 …

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る