フィールドアスレチック初体験! 小さな成功体験を見つけて【子どもの心を育む遊びのヒント】


 

小さな成功体験 @ フィールドアスレチック 横浜つくし野コース

 

 
先日、幼稚園のお友だち親子にお誘いいただき、アスレチックに行きました。本格的なアスレチックに行くのは今回が初めて。4歳の子どもがどこまでできるのか分かりませんでしたが、お友だちは何度か訪れているということで私たちもチャレンジ!
 
向かった先は、「フィールドアスレチック 横浜つくし野コース」。都内からも近いのですが、緑に囲まれたとっても広い本格的アスレチックコースです。
 
敷地内にはなんと、50ものアスレチックポイントが存在します。 子どもも楽しめますが、大人でも相当な運動量になるほど。
 
息子、初体験にドキドキです。
 

 
最初は「ギャー、怖い~! ママ抱っこーーー!!」 と叫んでいましたが、そのうち段々と慣れてきたのか積極的にチャレンジ。
 

 
そして何かクリアするごとに、「できた!!!」と満面の笑み。
 
そう、大切なのはこれ。“成功体験”です。
子どもですから、ほとんどのことが初体験。それにチャレンジして達成したときに生まれる成功体験が自信を生み、やる気を出させてくれるのです。成功体験はいつでもどんな場面でも作れます。自分で靴が履けた、上手に顔が洗えた、お片付けがきれいにできた…… 小さなお子様ならそうしたことも成功体験だと思います。そしてできたときに親が認めて褒めてあげることも重要。
 
成功体験を積み重ねて自己肯定感の高い子どもになってほしいですよね♪
 
さて、アスレチックの最大の盛り上がりスポットが、池のエリア。
池に浮かぶ丸太の上を渡る「いかだ走り」では、池ポチャする人続出! 特に体重のある大人が落ちます(笑)。 子ども達は抜群のバランス感覚と身軽さでひょいひょいと飛び越えていました。
 
息子がチャレンジしたいと言ったのが丸太に乗って池を越える「池越えロープウェイ」。見ているこちらが冷や冷やしましたが、本人は一生懸命ロープを握り、楽しく成功させていました。
 

 
小さなお子様には「トムソーヤ 冒険の森」というエリアがおすすめ。
 

 
バーベキュースペース(要予約)もあるので、仲間とワイワイ楽しむのもいいですね。
 
駐車場が完備されていますが大変混みます…… 開園前に到着すると良いかも。
子どものお着替えも忘れずに^^
軍手も便利ですよ。
 
ぜひ、皆さんも遊びに出かけてみてくださいね。
 
フィールドアスレチック 横浜つくし野コース
神奈川県横浜市緑区長津田町4191
TEL: 045-983-9254
http://www.tsukushino.co.jp/
 
…………………………………………………………………
心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。
…………………………………………………………………

黄野いづみ
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
http://www.twinklekidsstar.com/

…………………………………………………………………

【子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)のご案内】

子どもが遊びや体験を通して様々なことを学んで心を育める環境を一緒に作っていきませんか?
子育て中のパパ・ママはもちろん、子どもの教育に携わっていらっしゃる方、子どもの健康や育児に関心のある方、未来を担う子ども達に何か残してあげたいと感じる方であれば、男性、女性、既婚、未婚問いません。
ぜひ、プロジェクト(グループ)にご参加ください^^
ここハグ メンバー募集!
グループ参加はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/groups/kokohug/
…………………………………………………………………

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-5-24

    横山優美子さん ママそら「今日の輝くママ」NO.905

    「仕事でも趣味でも、自分が楽しいと感じることをする!」 今日の輝くママは横山優美子さん…
  2. 2018-5-24

    出産に立ち会い、育児休暇を取得したパパのリアルな声 ママそら高知スマイルラジオ#008

    (▲画像クリックで音声聞けます) 今回は、前回の5/16の放送に引き続き、高知県児童家庭課…
  3. 2018-5-23

    稲葉恵さん ママそら「今日の輝くママ」No.904

    「食で『楽しい』や『美味しい』という経験を子どもたちに伝えたい!」 今日の輝くママは、食で…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る