ママそら「今日の輝くママ」No.270 佐藤由紀子さん


ママの輝きから明るい未来を創造するプロジェクト「ママそら」。輝いているママをご紹介します!たくさんの輝き・笑顔に繋がりますように…☆

 

今日の輝くママは佐藤由紀子さん。

 

「女性・ママのプラットフォームを創り、女性が輝く場を提供できるようになることが夢です。」

 

企業で勤めながら、今女性の間で話題のFacebookページ「女性のためのライフスタイル&ビジネスヒント!」のプロデューサーとしても活躍中の由紀子さん。

情報社会で人気コンテンツを発信する彼女の想いとは…

 


 
【名前】 佐藤 由紀子(さとう ゆきこ)
 
【お住まい】千葉県習志野市津田沼
 
【子ども】2人:長女5歳、長男3歳
 

 
【職業】
・IT企業会社員
・女性のためのライフスタイル&ビジネスヒント!プロデューサー
 
【最近嬉しかったこと】
娘が2週間のアメリカンスクール留学へ行っているのですが、先生から「自立してしっかり生活できている」と報告を受け、成長を実感できたこと。
 
【輝くママの秘訣】
子育て・仕事の両方で楽して過ごす方法を見つけること。
怠けるという意味ではなく、笑顔でいるための仕組み化をしています。
 
【住んでいる街の好きなところ】
充実したショッピング施設が多いです。
「津田沼」駅前には、津田沼PARCOやモリシア津田沼、イオンモール津田沼、イトーヨーカドー津田沼店、ユザワヤ津田沼店と大規模なショッピング施設が集まっているのでとても便利。
 
JR津田沼、新京成新津田沼、京成本線京成津田沼駅を利用でき、津田沼駅から東京駅までは約28分、新宿駅までは乗り換えなしで約52分で行けるので、都心へのアクセスが便利で助かっています。
認可保育所が多く、市立幼稚園も多いことから、子育て世代にはとても環境が良いと思います。
 
【全国のママ&プレママへのメッセージ】
情報社会で様々な知識が溢れています。
情報の選び方も考えなければいけない時代です。
 
妊婦時期も子育て時期も同じですが、正解はないと思っています。
ママの価値観、直感、軸で自由に子育て!を推奨したい(笑)
 
情報は参考程度にとどめ、ストレスなくママ達みんなが笑顔になって欲しいです。
 
【目標・活動など】
最近は、子育て世代に焦点が当たることが増えてきました。
注目されることはとてもステキだなと感じます。
 
ただ、一方でワーキングマザーとかイクメンとかちょっと違和感を感じてしまっているのも事実。
わざわざ言葉をつけなければいけないのか?とか思うのです。
ワーキングファザー、イクレディなんて言わないですよね(笑)
 
でも、現実はそういう言葉を生み出さないと成立しない社会なんですよね。
ステージ、性別に限らず、誰でも輝ける場所が実は少ない。
 
女性が自分を活かして輝ける場所がもっともっと増えたらいいなと感じています。
企業で働きながら、平行して「女性のための事業」に関わっています。
 
「女性のためのライフスタイル&ビジネスヒント!」
プロデューサーとしても活動中です。
 
女性・ママのプラットフォームを創り、女性が輝く場を提供できるようになることが夢です。
 
私の子育ては基本的に対等です。
子供だろうが対「人」で接しています。
 
それが今のところ良いのか、娘が2週間、親元から離れていますが、「自立」が出来ている5歳児と先生から褒められました。
息子に対して、同じ方法が当てはまるかはわからりません。
 
個性があるように、向き合い方も人それぞれだと感じます。
 
子育てはそれを探す旅のようなものだと思うので、一般的な「子育て論」ではなく、「オリジナル」を見つけられると、毎日笑顔で過ごせるのかなと思っています。
まだまだ修行中ですが、毎日楽しいです☆
 

▲子供達からのリクエストに真剣に応える由紀子さん

 

★女性のためのライフスタイル&ビジネスヒント!

https://www.facebook.com/wLifestylebiz?ref_type


コメントや「いいね!」でママ達の応援よろしくお願いします☆
★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらへのお問合わせ・仕事依頼・取材依頼はこちらから↓

https://24auto.biz/mamasola/touroku/otoiawase.htm

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. Image-1-4

    2018-8-17

    夏休みラジオ2本立て!「繋がる離島・八丈島、新島、ハワイの絆」「こどもアナウンサー体験」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…
  2. 38689605_1787045868052890_4633863309693550592_n

    2018-8-17

    下村 真有美さん ママそら 「今日の輝くママ」No.945

    「わたしはわたしのスタイルで!ということ。誰にも振り回されずに自分の領域を持つこと。」 今…
  3. 36236440_1681641105284806_4414480009461235712_n-630x473

    2018-8-16

    水上 里美さん ママそら「今日の輝くママ」No.944

    「やりたいと思ったらやってみる! 」 今日の輝くママは…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る