ママとしての自分を信じる 子育てとコミュニケーション Vol.15


15.ママとしての自分を信じる

「子育てとコミュニケーション」をテーマに、産業カウンセラーとして子育てを通じて実践してきたこと、アナウンサーとして「言葉かけ」のコツ、絵本のことなどを書かせて頂きますね。

調子に乗って15回も書かせてもらっちゃいました。
ありがとうございました。最後は私がママになってから感じたことを。

私がママになって実感していることは、子育てしていてもやりたいことは必ず実現できます。もし出来ないなら「本気じゃない」から。

私は高知で暮らしていますが、大阪や東京などに資格を取りに行きました。
これをするには、家族の協力が絶対に必要です。

すぐにOKを出してくれない人もいるでしょう。それは、どれだけ「本気」か試されている、と思ってください。家族をもっと「本気」で説得する、それでも協力が得られないなら他で協力を得るようにする。「そこまで協力してもらえないならもういいや」と思った段階で もう「本気じゃない」ということです。

非難している訳ではありません。
私も「本気じゃないやりたいこと」は沢山あるから分かるのです。

子育てをしていると自分の時間がない、ということも「本気じゃないから」

時間も可能性も自分で作り出すもの。

時間を作り出すと言っても、一日24時間が30時間にはなりません。
だから、どうやって時間をやりくりするのか、を考えます。

本来は1日で10出来ることが、子どもがいると5しか出来ないこともあります。
ということは2日あれば「出来る」のです。ね、出来る!!

ママになると負荷が増えましたよね。それだけ自分の能力のキャパが広がっているのです。自分で自分を「やれる」と信じましょう。

ママだから・・・と自分を諦めない。それは子どもの為でもあります。
子どもに口だけで「諦めるな」と言っても、モデルがないと分かるわけがない。

子どもの為にも、自分のためにも自分をもっと信じてあげましょう。
これからもママそらの素敵な皆さんと一緒に私も輝いていきたいと思います。


【尾崎美樹 フリーアナウンサー 絵本セラピスト】

元高知放送アナウンサー。 2006年フリーになり、産業カウンセラー、絵本セラピスト資格取得。
現在、RKCラジオ、高知ケーブルテレビなどでコーナーを担当しながら、内面から変化ができる話し方教室、絵本を使って自分を見つめるワークなどを展開。
地元高校、求職者支援訓練、婚活イベントでも講師を務める。
社会教育委員会、図書館協議会メンバー。小学1年の男の子のママ

【子育てメール相談HP】http://kokkoro.com/

【facebook】https://www.facebook.com/miki.sadaoka.5


★ママそら☆こうち、Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/

★ママそら☆こうち、Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 66319031_2247688282013416_7595411193506824192_n-630x419

    2019-7-18

    草場知香子さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1094

    「日々の暮らしの中で小さなhappyをたくさん作る事」 今日の輝くママは草場知香子さん。 い…
  2. collage_photocat

    2019-7-17

    長島武徳さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くパパ」No.85

    「こどもに直接関わること、ママが心健やかに子育てを行う環境作りをすること」 今日の輝く…
  3. 2019-7-15

    山崎生希さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1093

    「お母さんが常にご機嫌で笑顔でいることが、子どものため家族のために何より大切なことだと思う」…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る