「大好きな人のマネをしてみる」 ママになってもイイオンナ vol. 7 -ママそらLabs-


【イイオンナ推進プロジェクト代表 網野麻理】

プロコーチ(ビジネスコーチング・パーソナルコーチング)・企業研修講師・「イイオンナ推進プロジェクト」代表

 

「イイオンナ推進プロジェクト」とは、日本中にイイオンナを増やし日本を元気にしていこうというプロジェクトです。

イイオンナとは、モデルさんのように容姿端麗な女性を指しているのではなく、「ありのままの自分を受け入れ、強みを自覚し、それを周囲に発信できる女性」をイイオンナと定義しています。

このコラムをご覧いただいている皆さんに、「ママになってもイイオンナ」を目指していただきたく、様々なヒントをご提供できたらと思っておりますので、お気軽に読んでくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「大好きな人のマネをしてみる」

 

 

こんにちは。イイオンナ推進プロジェクト代表の網野麻理です。

街のイルミネーションがとてもきれいですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、「ママになってもイイオンナを目指そう」という趣旨で、様々なヒントをお送りしている本コラムですが、今回で第7回目を迎えます。

 

ありのままの自分を受け入れたり、強みを見つけたり、強みを周囲に発信したり。

自分の捉え方を変えてみたり、やりたいことを口にしてみたり。

皆さんが参考にできそうなことはありましたでしょうか。

本日は【大好きな人のマネをしてみる】というテーマです。

いわゆる「モデリング」ですね。

 

 

皆さんは、あこがれの人や、こんな人を目指したいな、と思う人がいらっしゃいますか。

身近な人でも結構です。一人に絞らなくても結構です。

自分のモデルになるような人を思い浮かべてみてください。

そしてその人の、どのようなところが憧れなのかどのようなところが好きなのかを考えてみてください。

自分と価値観が似ているからでしょうか。自分にないものを持っているからでしょうか。

 

次にその人が、どのような生活を送っているか、どのような感情で、どのような言葉を使い、何を大切にしているか。その人のことをたくさん想像してみてください。

【自分の枠を超えて】というところがポイントです。その人になりきって、視点を広げて考えてみてくださいね。

 

さらに、それらの中で、自分に取り入れられそうなことがあるか、考えてみてください。

例えば、負の感情が生まれてしまったとき、

「あの人だったら、どんな風に対応するだろうか。」

「あの人だったら、どんな言葉を発するだろうか。」

モデルになる人を想像し、「もしあの人だったら…」という視点を持っていただきたいのです。最初は想像したことと、同じようにできなくても構いません。自分とその人との違いを感じるだけで結構です。自分の中で別の視点を持つ、ということが大切なのです。

 

 

モデルにしたい人を探す

何故選んだのかを考える

その人の生活や感情を想像してみる

自分の日常で、その人との違いを感じてみる

その人のやりかたを自分に取り入れられるか考えてみる

 

まずはこんな手順で試してみてください。

手帳などにたくさん書き出してみるのも効果的ですよ。

 

 

 

自分の視点を広げることってなかなか難しいですが誰かをモデルにすることで、想像が広がったり、具体的に考えたりすることができるようになります。

また自分とその人との違いを感じることで、その人に近づき、ギャップを埋めようとする心理が働いてきます。そうすることで、少しずつ自分に変化を感じることができるようになってきます。

 

新年の自分プチ改造計画の一つとして、今日のコラムを参考にしていただければ幸いです。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

■イイオンナ推進プロジェクト

http://www.1107woman.jp/

■イイオンナになりたい方の個人セッションご予約(無料お試し体験承っています^^)

http://www.reservestock.jp/randing_pages/reserve_form/367

 

 

★ママそらFacebookページ
★ママそらサポーター募集中!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. Facebook-20171207-112647

    2017-12-8

    下田舞さん ママそら「今日の輝くママ」No.822

    「沢山の人の愛と支えが私の輝こうとする原動力」 今日の輝くママは、下田舞さん。 子育ての…
  2. 24796647_1473572012758384_4151824603621840008_n

    2017-12-7

    ママそら福岡 クリスマス&忘年会 ママ’sコラボスペシャルランチ会

    こんにちは、ママそら福岡の古賀順子です! 雪も時折舞い散る中とっても寒い日となった12月5…
  3. 24172289_1104798066321458_2058769398_n

    2017-12-7

    綾野 由紀美さん ママそら【今日の輝くママ】No.821

    「自分にも、子供にも「どうせ」という言葉をつかわない。」 今日の輝くママは綾野由紀美さん。 …

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る