「相手の心のコップを満たすコミュニケーション」 印象アップのテクニック vol.7 -ママそらLabs-


【イメージコンサルタント 安積陽子】

みなさん、こんにちは。

イメージコンサルタントの安積です。

毎週日曜日のコラムでは、今すぐに役立つ「印象アップのテクニック」についてご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「相手の心のコップを満たすコミュニケーション」

 

第7回目は、「相手の心のコップを満たすコミュニケーション」についてお伝えします。

 

みなさんはコミュニケーションをする際に、どのくらい「相手の心のコップ」を満たすことを意識していますか?

 

心のコップとは、人間であれば誰もがもっている「自分を大切に扱ってほしい」という根源的な欲求です。

 

会話をしていても、目がきょろきょろと泳いでいたり、適当にうなずかれたり、携帯に触れながら話を聞かれると、決して良い気分はしませんよね。このように、目の前の相手に集中していないコミュニケーションは、相手の心のコップを満たさないため、自然と人は遠ざかっていきます。

 

しっかりアイコンタクトをする。名前を覚える。小さな変化を気づいてあげる。笑顔を向ける。遮らずに最後まで話を聞く。意見を尊重する。認める。褒める。これらはすべて相手のコップを満たす行為です。

 

みなさんも、自分の意見を尊重してくれた教師や上司、自分のことを丁寧に扱ってくれたホテルやレストランのスタッフのことは、いまでも深く心に残っていると思います。それはなぜかというと、わたしたちは自分の心のコップを満たしてくれた人に対して、親近感や深い信頼感、好感を抱き、深く記憶に刻む傾向があるからです。

 

「相手の心のコップ」を満たすためには、相手を思いやる言葉がけだけでなく、「表情」や「振る舞い」といった非言語コミュニケーション(ボディランゲージ)も大切です。

 

今回は、「相手とのコミュニケーションに完全にコミットしている」ことを伝えるために効果的なボディランゲージを3つお伝えします。


 
1つめのポイントは、会話をするときにはいつも「自分のおへそを相手に向ける」ことです。これは1対1のコミュニケーションだけでなく、会議中やセミナーを受けているときにも言えます。身体がどのくらい話相手に向けられているかどうかは、相手への関心の強さと比例します。顔だけを相手に向けている時よりも、身体ごと正面を向けられている時のほうが、話し手の自尊心は高まり、あなたへの印象もぐっと良くなります。
 
2つめのポイントは、「足先を相手へしっかり向ける」ことです。足先の向きは、その人の気持ちを正直に表します。身体は正面を向けていても、足先がドアの方向を向いていれば「早く話を切り上げて、ドア(出口)の方向へ行きたい」という気持ちの表れです。自分の足先を相手にまっすぐ向けることで、「あなたの話はちゃんと聞く価値がありますよ」というメッセージにつながります。
 
3つめのポイントは、「相手の表情や態度をまねる」ことです。
人は自分と同じような振る舞いをする人に対して「安心感」や「親近感」をもちます。相手が笑顔で話し手いるなら、こちらも笑顔の表情で話を聞く。相手の身振り手振り大きい場合は、こちらも身振り手振りを大きく使う。相手がリラックスした姿勢なら、こちらもリラックスした姿勢でいる。このように話し相手と同じ動きをとることで、無意識のうちに、昔から知っている間柄のような強い心のつながりを感じさせることが可能になります。
 
私たちの「表情」や「なにげない仕草」は、言葉よりも雄弁にメッセージを伝える力をもっています。普段から言葉遣いや話す内容には気をつけているという方も、ボディランゲージまで心を配れば、さらに素晴らしい絆が築かれるはずです。

 

みなさんも「相手のコップを満たす」ために普段から意識していることがありましたら、ぜひご意見をお聞かせください。

 

☆ついにFacebookページが出来上がりました。

よろしければ「いいね」をお願いします(^^)

 

Facebookページ「安積陽子の美的セルフ・プロデュース術」

http://www.facebook.com/ircjapan/app_266237703485940

国際イメージコンサルタント養成スクール

Image Resource Center of New York日本校

http://www.irc-japan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. img_0348.jpg

    2017-11-24

    小高 律子さん ママそら「今日の輝くママ」No.814

    「どれも完璧になんてできないし、やらなくていい。」 今日の輝くママは、小高律子さん。 人…
  2. 2017-11-23

    山口香織さん ママそら「今日の輝くママ」NO.813

    「自分が楽しい!!ワクワク出来る自分を見つける事」 今日の輝くママ山口香織さん。自分が楽し…
  3. collage_photocat2

    2017-11-22

    坪倉 亜希子さん ママそら「今日の輝くママ」No.812

    「自分がワクワクする事を大切に、子供も巻き込み楽しい時間をどんどん作る。」 今日の輝くママ…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る