「すべては自分に起因する」 ママになってもイイオンナ vol.5 -ママそらLabs-


【イイオンナ推進プロジェクト代表 網野麻理】

プロコーチ(ビジネスコーチング・パーソナルコーチング)・企業研修講師・「イイオンナ推進プロジェクト」代表

 

「イイオンナ推進プロジェクト」とは、日本中にイイオンナを増やし日本を元気にしていこうというプロジェクトです。

イイオンナとは、モデルさんのように容姿端麗な女性を指しているのではなく、「ありのままの自分を受け入れ、強みを自覚し、それを周囲に発信できる女性」をイイオンナと定義しています。

このコラムをご覧いただいている皆さんに、「ママになってもイイオンナ」を目指していただきたく、様々なヒントをご提供できたらと思っておりますので、お気軽に読んでくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「すべては自分に起因する」

 

こんにちは。イイオンナ推進プロジェクト代表の網野麻理です。

お鍋が美味しい季節となりました。体を温めるお野菜をたくさんいただいて

心もお肌も潤っていきたいですね。

 

さて、コラムは5回目となりました。

本日は 「すべては自分に起因する」 というテーマです。

 

コラムをお読みのかたの中で、

なぜ私ばかり、こんな目にあうのだろう…

いつも私はついていない…

みんなは持っているのに、なぜ私は持っていないのだろう…

どうせこんなものよね…

 

こんな風に考えたりするかたはいらっしゃいますか。

以前の私が、よく思っていたことです。

何をしていてもワクワクしない。嫌なことは全て人のせい。

「つまんないなぁ…」が口癖で、人生を楽しむことをあきらめていました。

 

あるとき、仲のいい友人に言われたのです。

「つまんないなぁ、と思っていると、つまらないことを引き寄せて、もっとつまらなくなるよ。どうしたら面白くなるのかな~って探したらいいのに。」

私は、びっくりしました。自分が引き寄せてるなんて、考えもしなかったからです。

友人の言葉を、すぐに試す気持ちにはなれませんでしたが、その後もなんとなくその言葉が頭に残っていました。

 

その友人とは、よく一緒に過ごしていたのですが、しばらくして私はあることに気づいたのです。同じ時間を過ごしたあと、「つまらなかったこと」を探し、口にしている自分と、「楽しかったこと」を思いだし、口にしている友人。

同じ場所で、同じ時間に同じことをして過ごしているのに、こうも捉え方が違うのか、ということに気づいたのです。なんだか損している気分になりました。(笑)同じことをしているのに、自分より楽しめている友人がなんだか羨ましかったのです。

 

「そうか、自分の捉え方を変えてみたら、もう少し楽しくなるのかもしれない。」

そう思った私は、友人のマネをして、楽しいことにフォーカスをあててみたり、口にする言葉を変えてみたりして、自分の捉え方をマイナスからプラスに置き換えてみることにしたのです。

 

するとどうでしょう。

自分の頭の動きかたが、自然と楽しいことを探しに行く動きに変わっていきました。

 

次は、持っていないものではなく、持っているものにフォーカスをあててみよう、

ついていないことではなく、ついていることにフォーカスをあててみよう。

今まで考えていたマイナスの発想を、プラスの発想にどんどん置き換えていったのです。

 

結果はご想像のとおりです。

不満だらけで、いつも人のせいにしていた私が、心の底から満たされて、楽しい時間を過ごせるようになったのです。そしてマイナスの発想自体、浮かばなくなってきました。

 

[全ては自分に起因する]

マイナスに捉えれば、自分の環境はマイナスになる。

反対に、プラスに捉えれば、いつも楽しくハッピーでいられる。

どちらを選ぶかは、自分次第。

自分の捉え方とどこにフォーカスするのかが、すべての始まりだったのですね。

 

皆さんはいかがですか?

自分の内側から楽しみを生み出せる、ハッピーオーラをまとっていきたいですね。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

■イイオンナ推進プロジェクト

http://www.1107woman.jp/

■イイオンナになりたい方の個人セッションご予約(無料お試し体験承っています^^)

http://www.reservestock.jp/randing_pages/reserve_form/367

■セミナーお申込: 「信頼関係を築く、タイプ別コミュニケーション」

http://www.reservestock.jp/events/9161

 

★ママそらFacebookページ
★ママそらサポーター募集中!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. Facebook-20171207-112647

    2017-12-8

    下田舞さん ママそら「今日の輝くママ」No.822

    「沢山の人の愛と支えが私の輝こうとする原動力」 今日の輝くママは、下田舞さん。 子育ての…
  2. 24796647_1473572012758384_4151824603621840008_n

    2017-12-7

    ママそら福岡 クリスマス&忘年会 ママ’sコラボスペシャルランチ会

    こんにちは、ママそら福岡の古賀順子です! 雪も時折舞い散る中とっても寒い日となった12月5…
  3. 24172289_1104798066321458_2058769398_n

    2017-12-7

    綾野 由紀美さん ママそら【今日の輝くママ】No.821

    「自分にも、子供にも「どうせ」という言葉をつかわない。」 今日の輝くママは綾野由紀美さん。 …

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る