ママそら「今日の輝くママ」No.028


ママの輝きから明るい未来を創造するプロジェクト「ママそら」。輝いているママをご紹介します!たくさんの輝き・笑顔に繋がりますように…☆コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

 

今日の輝くママはいちばゆみさん。

IT コラムニストとしてご活躍中。

ママそらLabsの「ママとKIDSの楽しいIT」のコラムもご担当頂いています。

ゆみさんがライターになったのも、本を出版したのも、「ママになってから」。

ママになっても夢を追う大切さを教えてくれています。

 

 

【名前】いちばゆみ

 

【お住まい】横浜市都筑区

 

【子ども】22歳(女・現在求職活動中^^;)、19歳(男・大学一年生)、17歳(男・高校二年生)、7歳(女・小学一年生)の4人

現在の夫とは、お互いバツイチ子連れの再婚なので、上の2人は私と元夫の子、次男は夫と元妻の子、一番下の子どもが今の夫との間の子です^^;
長女と長男は、今は家から独立して近くのアパートで暮らしています。
かなりの歳の差兄弟の育児…末っ子に関しては何をしても可愛く…まるで孫のように甘〜くなってしまいがちです^^;。

 

【職業】ITライター・コラムニスト

パソコン雑誌やニュースサイトなどに、スマートフォンの最新機種レビューやアプリ・サービス紹介の記事を書いたり、ヤフーオークションの入門書を書いたりしています。
最近は、コラムニスト・エッセイストをめざして、オンラインマガジンサイトに寄稿するなど、作品に取り組んでいるところです。

 

【最近嬉しかったこと】

・小学生になった末っ子が、習ったばかりの字で毎日のように「ママ大好き」のお手紙をくれます。「ママ、まいにちおいしいごはんつくってくれてありがとう」なんて書いてくれるので、仕事で疲れていても「よし、がんばって作ろう!」って思います。

 

・先日、夕飯時に家族でバラエティ番組を見ていました。
子連れ再婚したけど、再婚なので…と結婚式も指輪の交換もしなかったママに、娘さんが新しいパパとこっそり企画してサプライズ結婚式と指輪をプレゼントする…という内容。
見ていた私がなにげなく「指輪、いいなー!」と言ったんですね。私たちも再婚で、特に式も指輪の交換もしていないままなので…。
次の日、末っ子がリボンでかわいい指輪を自作して「はい、ママ!」とくれました。
私が「指輪いいなー」といったのを、ちゃんと聞いていたんですねー。

どんな豪華な宝石がついた指輪よりうれしくて、ちょっと泣きそうになりました。
はめるのがもったいなくて、飾っています。

 

 

 

【輝くママの秘訣】

忙しくても自分の時間を持つこと…かな?
子どもが小さいうちは育児にいっぱいいっぱいで、なかなか自分のために時間を作るのは難しいとは思うんですが、一日10分でもいいから自分のために本を読むとか、資格を取るための勉強をするとか、ゆっくりお肌の手入れをするとか…。
「○○ちゃんのママ」でも、「○○さんの奥さん」でもない自分を持つための時間を作るのって大切だと思います。

 

【全国のママ&プレママへのメッセージ】

一番末っ子も小学生になった今となっては…赤ちゃんってやっぱり可愛い!
中学生くらいになると、「一緒に出かけようよー」と誘っても、友だちとの約束が優先だったりして、なかなか親と遊んでくれなくなります(笑)。
子どもが小さいうちに、子どもとの時間をめいっぱい楽しんでください!

私がライターになったのも、本を出版したのも、「ママになってから」です。もちろん、周りの方たちのフォローがあってのことですが、自分自身が夢をあきらめなかったこと、「ライターになりたいんです」と言い続けてきたこと、書き続けてきたことが実を結んだんじゃないかと思っています。
今、子どもが小さくて、とても自分の夢なんて…と思っているママも、あきらめずに夢を叶える努力を続けてください!
夢はきっと叶います!

 

【活動】

・もっともママもパソコンやスマートフォンを使うべき!

私の周りのママ友さんたち(30代後半〜40代)は、ケータイでのメールはなんとかできるものの、依然デジタルツールに対する「食わず嫌い」「苦手意識」が強いです。
でも、使いこなせば本当に便利だし楽しいはず!
それに、これからの子どもたちは幼いころから身近にそういったツールがある「デジタルネイティブ世代」。デジタルツール・インターネットは便利で楽しいですが、使い方によっては危険な目に遭ってしまうこともあります。
ママたちも「わからない」では、子どもに正しい使い方を教えられないですよね?
本を書いたりセミナーを開催するなど、ママたちのスマートフォンデビュー、ネットデビューを応援できるような仕事をしていきたいです。

 

MamaSma~ママのためのスマートフォン情報 というfacebookページを運営しています。
オススメアプリの紹介や、スマートフォン・タブレットの使いこなしの提案などをしています♪

応援よろしくお願いします!

 

・エッセイスト・コラムニストになる!

今後はIT系の仕事だけでなく、女性を元気にできるようなエッセイやコラムを書いていきたいです。
以前、mixiでステップファミリーのためのコミュニティを作ったら、1,500人くらいの方に集まっていただきました。
私は現在お姑さんとも同居…しかも二世帯住宅や敷地内同居などではなく普通のマンションでの「完全同居」なのですが^^;、「完全同居嫁」のコミュニティを作ったら、やはり1,000人以上の方が集まりました。皆さん、周りの人には言えない悩み…同じ境遇の人にしか言えない悩みをいっぱい抱えていらっしゃるんですね。
現在は残念ながら私はmixiを退会してしまったので、どちらもタッチしていないのですが…。
今後は、ステップファミリーの方、完全同居嫁の方を応援できるような楽しい本を作るのが目標です!

 

ライター・コラムニストとしての活動は、こちらのfacebookページでお知らせしています!
こちらもぜひ応援お願いします!

ITコラムニスト・いちばゆみ 

 

★ブログにコメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
★ママそらサポーター募集中!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-5-24

    横山優美子さん ママそら「今日の輝くママ」NO.905

    「仕事でも趣味でも、自分が楽しいと感じることをする!」 今日の輝くママは横山優美子さん…
  2. 2018-5-24

    出産に立ち会い、育児休暇を取得したパパのリアルな声 ママそら高知スマイルラジオ#008

    (▲画像クリックで音声聞けます) 今回は、前回の5/16の放送に引き続き、高知県児童家庭課…
  3. 2018-5-23

    稲葉恵さん ママそら「今日の輝くママ」No.904

    「食で『楽しい』や『美味しい』という経験を子どもたちに伝えたい!」 今日の輝くママは、食で…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る