今年の大掃除は楽しく「ナチュラルクリーニング」!!「一家に一人のセラピストを!」ママはホームセラピスト♪ vol.5 -ママそらLabs-


【ヒーリングルーム スユア・ホリスティック ヒーリング スクール主宰 熊倉利子】
はじめまして!2人の子供の母であり、2人の孫のバァバでもある熊倉利子です。
現在は、サロンでセラピストとして、皆さんの体と心のケアをしたり、インストラクターとして、スクールでアロマテラピーやレイキなどお伝えしています。
自分自身でも20年間、アロマなどの自然療法を実践してきた結果、自宅の救急箱には体温計とバンドエイドだけになったという経験をお伝えしようと「ホームアロマセラピー講座」を開催したり、「ホームアロマセラピー講座のインストラクター」の育成を始めました!
ママそらでは、すぐに日常生活に活かしていただけるアロマセラピーやベビーマッサージ、アーユルヴェーダ、スピリチュアルヒーリングなど、様々な自然療法によるケアをお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いします 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今年の大掃除は楽しく「ナチュラルクリーニング」!!

 

みなさん、こんにちは!

あっという間に11月も下旬になり、今年もあと1ヶ月ほどになってきましたね。

そうなると、気になってくるのが「大掃除」ではないでしょうか?

私も子育てと仕事で、毎日できる掃除は身の回りのところだけになってしまっていて、

この時期になると、大掃除をしなくては...という思いになってきます。

大掃除は大変なことでもありますが、やっぱりきれいなお家で新年を迎えたいですよね。

お店にはいろいろなお掃除用の洗剤がありますが、今年は身近なものを使って、環境にもお肌にも優しいナチュラルクリーニングをしてみませんか?

 

 

まずは、お掃除の基本をみてみましょう。

 

お掃除とは、汚れの性質を見極めて、「酸性」の汚れは「アルカリ性」の洗剤で、「アルカリ性」の汚れは「酸性」の洗剤で、汚れを中和し、分解して、浮き上がらせて、こすったり、拭いたりして取り除くことなのです。

 

汚れにもいろいろありますが、ホコリ汚れは中性、油汚れ(油、手垢、湯垢)は酸性、

水垢汚れ(水垢、石鹸カス、尿)はアルカリ性です。

また、ホコリ汚れと油汚れが混じって、ベタベタのヘドロ状になったり、ホコリ汚れと水垢汚れが混じって、ガチガチの石状になったりして頑固な汚れに変化しますが、大切なことは、性質を突きとめることです。

 

そして、汚れの性質がわかったら、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使い、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使って、汚れを中和して落としていけばいいのです。

 

 

ナチュラルクリーニングで活躍する素材とは

 

ナチュラルクリーニングで活用していくのが、重曹、石鹸、クエン酸、酢、エタノールなどです。

 

 

■重曹

ベーキングソーダとも呼ばれ、おまんじゅうのふくらし粉に使ったり、ケーキを焼く時

に使うベーキングパウダーの中にも含まれます。
また、灰汁(アク)をとる時に使用します。

水に溶けると弱アルカリ性になり、油汚れ(酸性)に効果があります。

ただ、アルミ製品(黒ずむ)、木や畳(しみになる)には使用しないようにしましょう。

 

 

<使い方>

★粉末をそのままクレンザーとして使用します。

茶渋とり、鍋のこげなど。

また、排水溝の周りに粉末をふりかけ、お湯を少しずつ注ぐとジューッと泡が立ちま

すので、20~30分ほどおいてから、水で流します。

匂いを吸着させる作用もあるので、容器に入れて冷蔵庫下駄箱に入れて置くと嫌な

匂いをとってくれます。

 

★ペースト状にして、換気扇レンジ周りの頑固な油汚れを落とします。

 

★重曹小さじ1杯に精製水100mlを入れて、重曹スプレーを作ります。

レンジ周りなどの油汚れにスプレーをして、雑巾でふき取ります。

 

 

■クエン酸

無色の結晶または白色の粒もしくは結晶性の粉末で、匂いはなく強い酸味があります。

食用・薬用のものはジュースなどを作ったりするときに使うもので、飲むことができます。

酸性なのでアルカリ性の汚れに効果があります。

大理石を溶かしたり、鉄をさびさせる作用があるので、使用しないようにしましょう。

また、塩素系の製品と混ぜると危険なので気をつけましょう。

 

 

<使い方>

★粉末をそのままクレンザーとして使用します。

 ポット(20g)や食器洗機(50g)などの水垢汚れを落とします。

★ペースト状にして、洗面台便器などの汚れを落とします。

 

★クエン酸小さじ1杯に精製水200mlを入れて、クエン酸スプレーを作ります。

洗面台や便器の汚れをとるとともに、グリルなどに残る魚の匂いタバコの匂いなど

もとってくれます。

スプレー後は必ず雑巾でふき取って下さい。

 

 

 

■酢(ビネガー)

様々な種類の酒を酢酸菌で発酵させたもので、酸性の性質を持ちますので、アルカリ性の汚れに効果があります。

 

 

<使い方>

★原液もしくは酢水(1:1)をスプレーボトルに入れて使用します。

クエン酸同様、トイレ掃除お風呂掃除などに使用します。

 

 

 

エタノール
殺菌・消毒につかわれるものですが、無水エタノール水性ペンの落書き落としプラスチックの汚れ落としなどとしても使われます。

また、水で薄めたものをスプレーして、冷蔵庫の中やレンジ周りなどの汚れ落としや殺菌としても使用できます。

 

 

 

■アロマ精油

掃除機の紙パックに精油を2~3滴垂らすと、排気からアロマの良い香りがお部屋に広が

ります。この時に、ユーカリやティートゥリーなどを使用すると、掃除機内のダニ対策

にもなります。

 

また、アロマスプレーを作ると、トイレの消臭対策、お風呂場のカビ除け、お部屋の加

 湿と風邪・インフルエンザ予防など、様々な用途のスプレーを作ることができます。

 

アロマスプレーは、50mlのスプレーボトルにに小さじ1杯のエタノールをいれ、精油を

 5~10滴垂らし、精製水を入れて出来上がりです。

 ※乳化剤は入っていないので、使用する前には必ずよく振ってからスプレーして下さい。

 

精油は、トイレの消臭であればペパーミントやローズマリーなど、お風呂場のカビ除け

であればティートゥリーやサイプレスなど、お部屋の風邪・インフルエンザ予防であれば ユーカリ、ラベンダーなど、加湿などであればお好きな香りの精油がおススメです。

 

ぜひ、今年の大掃除は、お子様と一緒にスプレーなどを作り、ナチュラルクリーニングで楽しい大掃除にして下さいね!

 

 

 

★ホームアロマセラピー Facebookページ

 http://www.facebook.com/aroma.hometherapy

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 37202733_1739249999499144_2353175842328150016_n

    2018-7-20

    成瀬さおりさん ママそら 「今日の輝くママ」No.927

    「楽しい・笑顔は周りの人も元気にします。」 今日の輝くママは、成瀬さお…
  2. 35102720_1662386933876890_2815240746293002240_n

    2018-7-19

    岩根 亜紀子さん ママそら「今日の輝くママ」No.926

    「マイナスなことも楽しむ」 今日の輝くママは岩根亜紀子さん。 アンハッピーなことがあってもで…
  3. 2018-7-18

    富永舞さん ママそら「今日の輝くママ」No.925

    「子供たちは私の仕事の素晴らしいアドバイザーです」 今日の輝くママはスワロフスキーデコ…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る